海 風 通 信

 
10
 
すっかり冬になりました。

近況ですが、

来年2月に股関節の手術をすることになったです。

サイボーグ化していくワタクシの肉体・・・


さて、9月の大阪一人旅の直後から
  こんな事していて、

  171106_1214~02  ちょっと消耗しております。

  
就活の結果、この歳になって(あと1年数か月で還暦ですわ)、
とうとうガテン系の仕事である。

すでに股関節の痛みは、かなりあった。大阪も歩くの辛かった。
けど、その時はいずれ治るのだと思っていた。(昨年秋の医者所見)

むしろ、外で気分よく動こう、自転車による足の回転がよいかも?
ぐらいのポジティブさだったのですよ。

さて、お歳暮で超忙しい。北風が辛い。雨もある。
伝票処理の入力機とプリンターを操作し、不在票を手書きし、
ビールその他、重くて自転車がウィリーし、時には大転倒。
4階まで行って留守…の脱力感、午前指定なのに何故?・・・

午前中のみのはずが、終了は2時近くにもなる。
(走れなくなってる自分の責任もあるが)
比例して足の疼痛で全身倦怠激しく、午後は寝込んだりする。

そうまでして仕事をするべきではないのだが、
しかし、収入への不安と、
無理にでも動かないと、寝込んでしまうに違いない・・・
朝は起床したら軽くストレッチをして、1日のはじまりを身体に教える為に少しでも歩く。

何しろ、大病院は混んでいるので、思いのほか手術日が先だから・・・

テニスは休んでいますよ




 
22
 
毎日の雨続き、そして台風・・・
カールがいたなら、散歩、苦労しただろうな~
ブツブツ言いながらも、後で気づく、
それが幸せってもんだよね。



先日お隣のピースくんが亡くなった。
12歳のフレンチブル。

1月はカール。
4月、幼馴染のパセリ、ゴールデン16歳。
6月に水泳部の副部長だったジップ、14歳。
9月、長野の盟友・黒ラブ卓造15歳。

・・・昔馴染みの友達ワンとなれば、致し方ないのだろうし、
空の上で顔合わせて、楽しく過ごしていてくれると思うしかない。


asobi4.jpg




埼玉の母親が特養老人ホームに入居したのは3月。
何度か尋ねて、明るく一緒に過ごして、何より安心なのだけど、
涙が止まらず・・・気持ちが落ち込むのが怖いのだ。


今年はもう、無抵抗な1年という事にした。



現在、楽しみが何もなく、したい事も特段思いつかず、
残りの人生、老後に絶望感ばかりが募る。

ちょっと前まではこんな風ではなかったような?

遅れてやってきた更年期だろうかね。


 
13
 

太陽の塔  オヤジにメール添付



思い立って旅に出た。

オヤジには言わず、(飲みに行って帰ってこなかったし…)
替え下着と文庫本だけの身軽さで早朝発。

午前中には“太陽の塔”を仰ぎ見る地点に。

一人旅、サイコー!

カールと仕事を失ってからというもの、何か焦って
「海外は今キケンか?、沖縄、東北、北陸?…」
夏前は希望が膨らみすぎ、そして暑さで面倒くさくなる・・・

もう9月。次の仕事を真剣に決めなければならないし、慌てて
とにかく行きたかった所をクリアしておこう・・・

初日は「国立民族学博物館」6時間滞在。


大阪城 二日目午前「大阪城」2時間。



昼食は大阪名物を食べなければ、と迷ったあげく、
“イカ焼き”とビール。一人電車旅、サイコー!

午後「美ら海水族館」の代替で「海遊館」4時間で2周。
ガラスに張り付いた子供に並んで、給餌タイムを網羅。

  海遊館 巨大エイの顔…わかりにくい



これで大阪1泊旅行は終了。
道頓堀も通天閣もUSJもなし。

せっかく一人なんだから、博物館・美術館、動物園・水族館。
空いてる平日、じっくりが望ましい。
見たい場所に見たい時間居られる。それによって食事がおろそかになろうが、無言でいようが、同行者を気遣わなくてよい。

しかし噂通り、
中国語やら英語やら、髪を布で覆っている方やら、
特に大阪城は外国の人で大混雑、平日にこれほどとは・・・
アノ関西弁を凌駕していた。


帰りのチケットは“ぷらっとこだま”なので、
(これは格安チケットより安価で発泡酒なら500ml付き)
空いているこだま号で心地良い疲れをほぐして帰着。

やれやれ疲れた・・・
朝早くから現地はすべて電車乗り継ぎと徒歩。歩いたので、地味なスポットも偶然発見できたり。
疲れたが、何かが吹っ切れたような…気持ちのリセット完了。



 
17
 
カールの誕生日は、盆の送り日なのだなぁ。

帰らなければならない決まりなのだろうか。

まあ、カールのすきにすればよい。


でも、いつものジャガイモケーキも作ったし、
納豆はウチではカールしか食べないわけだし…
ジャーキーもボールもあるよ。


2017-0816



なんと、昨夜は、カールと添い寝して、
顔や首筋や胸を撫でている夢を見た。
感触も視覚もはっきりしていて、
「夢をみたよ!」と報告したところで目覚めた



 
21
 


いや、ホント暑っついですね・・・

  朝の窓から漏れるギラギラに5時には目が覚める。

やはり、というか、ひとり散歩、ムリっ

カールがいてこそ、暑さ寒さにも頑張れるんじゃ!
 朝は日陰を選んで、距離・時間の短縮も甚だしく

で、気が付いた、
 せめて夕方は歩く代わりに泳げばいいじゃ~ん


そう!プライベートプールは徒歩1分

カールが泳ぎたがって大変だった、あのプール。
昔、おばさん監視員がいた(あたしの事じゃ)、あのプール・・・

水着の上にラッシュガード(半袖)、下は短パン

行きはまだいい(いいのか?)
 帰りは頭からびしょ濡れでタオルをかぶって住宅街を小走り。

フッ…、井戸水で深い50mプールは身体が冷えるのよ
 沸かしておいた風呂に直行ですよ。


  100908-oyogu[1]
   営業終了9月の清掃日に入れてもらったっけ

カールはスタッフや監視員に愛され、必ず立ち寄っていた。
 皆に声を掛けられ、撫でてもらって、嬉しそうだったよな。


ほぼ毎日夕方の終了間際に出没。
今のとこ600m泳いでおりますよ。徐々に距離とタイムを上げる予定。 
(冷たいと皮下脂肪を蓄えるのではなかったかな?)

しかし例え1分でも、還暦近いおばさん。
 危ない人物と思われても反論できない。



プロフィール

ちひろ

  • Author:ちひろ
  • チョコラブ・カール
    2017年1月、15歳で犬生を閉じる

    相変わらずの波しぶき当たる海辺の家にて
    1年後には還暦だなぁ…の人生はつづく
    2018年初夏リニューアル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © ちひろ / Designed by Paroday