FC2ブログ

海 風 通 信

 
20
 
090220_heso.jpg

度々のヘソ天カール、誠に申し訳ない。
もちろんワタシが大好きな姿態なのだけど、今日はまた格別。

というのも、
笑顔が戻って安堵したのもつかの間、昨日また頸椎と腰椎の激痛発作があり1日中苦しんだ。

ヘソ天するのは体調が良い証拠。
下痢にしても、頸椎が悪い場合でも、丸まっているものね。


問題は、頸椎と腰椎の暴発が頻繁になり、注射もきかない様相になってきた事。

昨年は注射に至るほどの事態は4ヶ月に1度。
しかし、今年は先月も酷い痛みで注射と投薬をしたばかり。


昨日はまさに休診日。
緊急に注射してもらったのだが、やはり、いっこうに快復しない。
カールはろくに歩けないのに、悲鳴を上げながら車にすがりつき、病院に行きたがる。
安静にしたいんだけどなあ・・・
寝かせていても、居ても立っても居られないのか、部屋の隅で座って耐える。
こっちを向いて座っているのだけど、首が曲がっているので視線はほぼ後ろ。

長時間一睡もできなかったせいか、夜になって寝始めた。時折悲鳴をあげながら。


ずっと傍にいても、温めたり撫でたりする以外何もしてあげられない。
訴える目・・・「いつも何でも解決してくれるママだよね?」


病気とうまく付き合っていきたいものだとは考えていたけれど、、
良くない傾向は、やはり加齢のせい?とは思っても、辛いなあ。

先生は、こんな様子が頻発するようなら、別の要因も考え、また検査するか悩んでいる。
頚椎の手術は専門医であっても難しいものらしい。
ワタシは・・・セカンドオピニオンも一考しているところ。
もちろん今の先生は親身に考えてくれるし、間違ってるとまでは思わないのだけど。



今朝になって、首はイマイチだけど歩けるようになった。
午後にはヘソ天になり、夕方にはブルブルもほぼ出来る。
先月よりは回復が早いようだ。


口周りだけでなく、顔全体に白髪が混じってきたものの、
クリクリしてイキイキとした目が幼さを感じさせるくらいなのに、
具合が悪い時は、老けたな~とつくづく感じさせる顔に変貌する。

今日の夕方散歩は、すっかり若々しく見え、
明るいまなざしでワタシを見上げていたので一安心。


スポンサーサイト



Comment

2009.02.22 Sun 11:15  |  

頻繁に痛みが出るようになるとさらに心配になるね。
カールもちひろさんも辛い時間ですね。
セカンドオピニオン、いいと思います。
違う視点からの発見もあるかもしれないし。
外科的な治療は効かないのかな?
手術は大変だけど、それで改善できるのなら・・・とも思ったり。
カールの笑顔がたくさん見られますように。

  • #-
  • 小鉄。
  • URL

2009.02.22 Sun 21:26  |  

本当に、何気ない仕草や寝相ひとつでも心配になったり安堵したり。カール君の痛みが和らぎますように。

癒しのたれ耳オフ会で一度お会いしました~チョコ、アンディです~。カール君お大事に!

  • #-
  • まめあん
  • URL

2009.02.23 Mon 12:13  |  

>小鉄。ちん
痛みを訴える眼には、自分が情けなくなってねえ。
大丈夫だよ、と励ましながら一緒に泣いてる。

ごえもんは、その後どうかな。
もうトボトボ歩く程度の散歩にした方が、と言われてるんだけど、
今までは回復すると、要求に負けて普通にボール遊びしちゃったり。
さすがに今年8歳という事を考えて、慎重にいきます。
つまり手術も考えなくないけど、もう麻酔事態が怖い年齢の気がして。
もっと酷くなったら、そんな事も言ってられないんだろうけど。
カールはすっかり回復して、笑顔でスタスタ歩いています。
こんな時が長く続くといいんだけどね~


>まめあんさん~
ご無沙汰しています~、あの頃は皆若く元気だった…犬も飼い主も。
癒しのメンバーは、その後も多頭になってる方が多いですよね。
ワタシはカールだけでせいいっぱいかな~
お陰様でカールは復活して、今日も土砂降りの中、嬉しそうに散歩しておりました・・・
ご心配本当にありがとうございます!

  • #Pg6Ch65A
  • ちひろ
  • URL
  • Edit

2009.02.23 Mon 14:51  |  カール君

辛いのね。お薬や注射が効かなくなっちゃったのかなあ。辛そうにしてるのを見るのが辛いよね。かわいそうに・・・
コメントを見ると良くなってきたのかなあ。でも、又ということを考えたらセカンドオピニオンいいですよ。犬は健康保険とか関係ないから医者にふたまたかかっても問題ないしね。
私の喉の事でご心配頂いてすみませんでした。飲み込む時にまだ痛いです。でもそのうちに治ると思われます。お互いに体に気をつけましょう。

  • #gl4Iif2Q
  • ちぇるママ
  • URL
  • Edit

2009.02.23 Mon 18:16  |  

そうか~、8歳はもう麻酔自体のリスクを考える年齢なのねん。
私の感覚ではまだ若いほうかと思っていたけど・・・

ゴエモンはその後、痛がる様子もなく無事に過ごしています。
ディスクとか、後ろ足だけで立たせたりとかは怖くてやってませんが。
ぼちぼち長~く行きたいものですね^^。

  • #-
  • 小鉄。
  • URL

2009.02.23 Mon 18:49  |  

>ちぇるママさん
ご心配ありがとうございます。

注射や薬が効かなくなってきた兆候はありますが、だいたい2~3日で回復するんです。
この症状に関しては、セカンドオピニオンというか、1度病院を変えていて。
今の先生は最初にセカンドオピニオンに関しては、賛成という意見でもありました。
もう少し様子を見て熟考しようと思います。

まだ痛むんですか~!?結構な傷になっていたんですね。
今回ちぇるママさんは人医者でちょっと嫌な目に合ってしまって・・・
病院とか医者とかって、ホント難しいですね。


>小鉄。ちん
それでも普段のカールは若いね~ってよく言われるくらい元気なんだよね。
ただ、この前ちょっとした腫瘍の疑いの時に、
持病がある場合、麻酔による悪影響がないとはいえない、って言われたの。
だから麻酔のリスクは個体差もあると思うよ。

カールもジャンプするような動きはさせない。
それでも遊べないストレスを考えると、ぼちぼちとは運動もさせたいよね。

  • #Pg6Ch65A
  • ちひろ
  • URL
  • Edit






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

プロフィール

ちひろ

  • Author:ちひろ
  • チョコラブ・カール
    2017年1月、15歳で犬生を閉じる

    相変わらずの波しぶき当たる海辺の家にて
    1年後には還暦だなぁ…の人生はつづく
    2018年初夏リニューアル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © ちひろ / Designed by Paroday