FC2ブログ

海 風 通 信

 
21
 
散歩途中に住んでる黒ラブ・メイちゃんのお父さんの御葬式があった。
年末の掃除で屋根に登っていて落ちたという。

2年前、近所のフリマ出店で隣の区画に生後2ヶ月のメイちゃんがいた。その後、自宅前のオリに住むようになり、悲しそうに吠えていたので、たまにカールと挨拶に寄っていた。

お散歩は仕事が終わった後のお父さん担当。
まだ小さな子供が3人。
本当に悲しい出来事。御冥福をお祈りする事しかできない。


もしかしたら、屋根や雨ドイの“松葉”の掃除だったのか。

我が家を含め、海の防風林沿いの住民にはちょっとした悩みの種。

“松葉”は年間を通して降り積もり(特に秋冬は多いけど)、風で舞わないし、土に還らないし、火が付き易い。
雨ドイがつまって壊れる。
この界隈では、2階などには屋根に登るしかない。

(“大雪”ほど日々危険にさらされている訳ではないけれど。)

しかし、我が家は雨ドイがないのだ。
こればかりは、建てる時のオヤジ判断を褒めてあげたい。
スポンサーサイト



Comment

2006.01.22 Sun 11:28  |  

悲しいできごとですね。
うちの昔の実家も、庭に大きな木があって、父がしょっちゅうはしごに登って雨どいの掃除をしていた光景を思い出しました。つまると雨どいの横から溜った雨がドバドバ落ちてくるんですよね。
メイちゃん、お散歩誰が連れて行ってくれるんだろう?

  • #zpbGWri6
  • kaoru
  • URL
  • Edit

2006.01.22 Sun 14:50  |  

生活の中での事故ってやりきれないね…。
メイちゃんのお父さんの御冥福を祈ります。
うちの近くも唐松が多くて秋の終わりには庭が一面オレンジになってる家もあります。
でも雪対策で屋根の傾斜がきついのと雨どいはないから屋根には積もってない。
こっちは毎年雪下ろしで何人かは亡くなるのが不憫。
雪と熊による死傷者の方が交通事故より多いかも。。

2006.01.22 Sun 20:23  |  

> kaoru さん
雨ドイって、なくてもそんなに気にならないけど、どうなんだろう。
そう・・ちょっとメイちゃんが心配。
ちょくちょく様子を見ていようと思う。


> まーちん さん
ウチの庭もオレンジというか茶色です。土の部分が隠れて、ちょっと見綺麗に見える気がする。
えーと雪国は雨ドイがないのが普通なのね。そうだよね、邪魔だよね。
雪下ろしで亡くなるのは本当に悲しいね。それをしなければ、家が壊れるしで、待ったなしのきつい仕事だね。
熊による死傷者もそんなに多いなんて、恐いんですけど。






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://saltydog.blog20.fc2.com/tb.php/115-e0fa2354
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

ちひろ

  • Author:ちひろ
  • チョコラブ・カール
    2017年1月、15歳で犬生を閉じる

    相変わらずの波しぶき当たる海辺の家にて
    1年後には還暦だなぁ…の人生はつづく
    2018年初夏リニューアル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © ちひろ / Designed by Paroday