上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010
06
19

元気なんだけど、ね

おや、気つけば、ネット離れ3ヶ月・・・
特に何があった訳でもありません。むしろ何もなかった。

強いて言えば、ワタクシは気持ち(気分?)の病
何だか何もかも面倒くさくなってしまい・・・・
しかし、テニスや仕事はやってるワケで、単なる“なまけ“なんだろう。
(たぶん更年期では?と思った人もいるだろうし、自分でもそんな気もしたが・・・)

もうひとつには、
そのせいにするのも何だけど、
カールが“心の病”?

昨年の9月頃、突然何かに脅えるように落ち着きを失う事があった。
その時は夜中でも右往左往して、悲鳴をあげ、吠え出し、
外へ行きたがるので、夜中の散歩で多少治るという日が何日か続いた。

同時にカミナリを恐がるようになってた事も発見。
飼い主が夏の間忙しくて、軽い分離不安かなぁ~くらいに思い、
スキンシップをとりつつ、1ヶ月くらいでおさまったのだが・・・


今年に入ったあたりからまた頻発するようになり、
ここ2~3ヶ月は毎晩のように心の病と闘ってるらしい。

玄関の方に脅える様子を見せたり、テーブル下の暗がりを凝視したり、
後ろばかり気にして「俺の後ろに立つな!」
オマエはゴルゴか?
「この部屋は何だか嫌な気分なんだよ~~~!」みたいな様子。

あるいは自分のお尻のあたりを気にしている様子を見ると
もしかして、腰の具合が悪いのか、肛門腺でも溜まってるか、
いろいろ推察はするけれど、理解不能だし、何もしてやれないのが困る。

(首と腰の痛みによる発作の時とは明らかに違う状態だけど、
主治医の見解は、やはり身体に違和感があるのかも?との事)


酷くなると、キッチンの一番奥に走りこんで避難。
飼い主の少しの移動に身体を密着させてまわり、何かを訴え続ける。

挙動不審になってしまうと、ソファに押さえつけるように一緒に座っても脱出、
鼻汁をポタポタ垂らしながら立ち尽くして、座る事も伏せることもできない。

大丈夫と声をかけてなだめすかしたり、放っておいてみたり、
オヤツをあげたり(食欲はある…)、状態が軽い時は何とか落ち着くが、
悲鳴を上げ、吠え出したら、外に連れ出すしかない。
特にトイレを我慢していた様子もなく、わりと機嫌良く歩いて帰ってくる。

100615.jpg  散歩では相変わらず元気ハツラツー


夜になると、物音や気配に神経質になるが(以前はそんな事はなかった)
何の音も気配がなくても、急にビクッとする事もしばしば。

年齢のせいなのかなあ。
留守番の時に恐い事があったのかなあ。
そんなさなかに、仕事が続いた時は心配だったけど、
意外にそんな毎日の時は、発症しなかったりするので、甘えてるんだろうか。


そういう夜が続いているので、家事の合間はカールとソファでくつろぐ事にしている。
・・・と、長い言い訳というか、ここ数ヶ月の悩みを訴えてみました・・・


スポンサーサイト

プロフィール

ちひろ

  • Author:ちひろ
  • チョコラブ・カール
    2001.8.16-2017.1.19
    海辺の暮らしを満喫
    体育会系の二人組

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。