上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009
12
26

クリスマスの失敗

イブの夜、カールのほっぺが膨らんでいる事に気づく

触るとゴリっと・・・

散歩で珍しく木に齧りついてたので、挟まってるのかな~。
無理やりこじ開けてみたらば、木?・・・歯だ!
すぐには取れないので、ちょっと青くなる。

抜けてるというより、欠けた歯がつながってる模様。出血もある

夕飯もおやつもモリモリ食べたし、
キッチンで食事作りにつきっきりだったではないか?

病院に行って、下手すれば全身麻酔だろう・・・
とりあえず、抗生物質を飲ませたけれど、
イブディナーもオヤジからのプレゼント(カールじいさんの空飛ぶ家)も
すっかり色あせて、ちっとも楽しめない。

カールは脊椎に異常があり、麻酔がきっかけで悪化する恐れがあるので
よほどの事でない限り全身麻酔はしないほうがいいと言われていたし。

でも、カール用に作ったケーキもいつのもように丸飲み
本犬は時折手で顔をさするけど、痛くはないらしい。


091226_boll.jpg

左:オヤジがいつものようにUFOキャッチャーで300円でゲット
右:母からもいつものように100均ボール(秒殺・・・)

しかし、まさにそのボールで少し遊んだらば、コロリと歯が落ちた!

091226_ha1.jpg
091226_ha2.jpg

もう年だから、歯が弱ってるのだろうなあ

そういえば昨年のクリスマスも病院に行った・・・イボね





翌日は子供が新しい玩具で遊ぶ姿が微笑ましい

家の前で巨大なRV車のラジコンを操る兄妹がいたのでウッカリ

「クリスマスに買ってもらったんだ~いいね~」
「サンタさんに貰ったんだよ~」
・・・シマッタ、小学生に見えるがサンタの存在信じる派だったか!?

「枕元に置いてあったの?」
「リビングのテーブルのうえ~」
・・・何かとりつくろわなければ

妹の方は「アタシはシルバニアファミリー」と嬉しそう
「じゃあ二人の分でサンタさんの袋がいっぱいになっちゃっただろうねえ」

・・・彼らの素直な心を繋ぎとめる事ができたろうか


スポンサーサイト
2009
12
15

冬至間近・ぼやき散歩

ここんとこ6時半はまだ暗い

091215_asaumi.jpg

今日の朝焼けはイマイチだけど、何度見ても心が洗われる




夕陽に照らされる海と空は、刻一刻の変化が素晴らしいのに、
風景なんか散歩の重要要素の中に含まれない能天気なオトコが
先へ先へと進むので、何度も海の方を振り返って首が痛いよ

091215_husya.jpg
風電クンの向こうが海で、写真右方が安倍川
川の向こうの山に日が沈むので、それもまたよろしいけども

風車の脇は、下水処理場施設
091215_kojyo.jpg

結構マニアックな風景、お好きな方にはたまらないのかな~とふと思う。
なんかアレでしょ、巨大工場見るとか写真集とか人気あるのよね

風電クンの電力はこの施設のみに使用されてるだけらしい
何億もかかってるわりに、無駄遣いでは?
と、誰もが何となく思っているはず。
このエリアは公園風にして駐車場まで整備したのに、立ち入り禁止
見学には許可がいるのであるよ。

なんかエコやってます、の象徴みたいな風電クン
まあレンホウさんのようにキッパリ言えないのだけどもさ


2009
12
09

人生イロイロ

甥の結婚式と食事会(どちらも親族のみ16名)が終了すると
話題の原宿のイルミネーションが目の前に広がっていた。
が、人と車の波、歩道橋は立ち入り禁止かい!?。仕方ないけどさ。

091209_1.jpg

ワタクシが高校生、初デートの地である。
三十数年前、ここはとても静かであった。むしろ何もなかった。
吉田拓郎の歌詞にあったペニーレーンでご飯を食べ、
歩道橋で車の名前(Zとかセリカとかね)を教えてもらったあの日・・・

そんな事はどうでもよろしい、内容古いし。
幸せそうな二人を見ていると、どうも色々と偲んでしまう。
・・・思い出はなぜか美しい



091209_22.jpg

身内の情けない顔は30歳とも思えないし
お嫁さんは美しい!白い!、でかしたヒロシ
集合写真を見るとワタクシだけ真っ暗で表情も見えない・・・
一応化粧は施したのだがね。


甥は・・・中学生の頃の兄にそっくりで、
その兄の現在は、かなりいただけないバーコード。
父もイメージとしては波平だったので、
甥は、よりも新妻は悲壮な面持ちで「ダメでしょうか」と聞く。

「兄がこの年にはもっとキテたから、これなら大丈夫よ~」
と安心させておきながら、出る酒は全て飲みほしつつ
「ワタシなんか、兄も父もそうだから、そういう男性に抵抗ない、むしろ好きよ~」
「慣れよ、慣れ!」
ちっとも大丈夫じゃない発言を積み上げ、

「でもジイチャン(甥の曾爺さん)はツルっぱげだったよ~」
と披露宴を思い切り盛り下げる、オバ・・・・



2009
12
02

事業仕分け

ちょっとサボっていたら、師走になっていたよ・・・
ここんところのカール地方は、ヒーターいらずの暖かさでした。




091202_1.jpg

今日は“穴掘りの日”
巨大建造物の基礎でもできそうだけど、かなり無駄な工事では。

いつもは掘ったそばから埋めていくけど(飼い主が)
今日は“付き合おう”とハラを決めたので
写真など撮りつつ、微笑ましく眺めていたのだが、

この後も日没撤収命令を聞き入れず、夜間工事に突入。
サイアクな事にボールが穴の底で発見できなくなったようだ。

091202_2.jpg

こんな時、カールは決してあきらめない
覚悟を決めて、投光機(散歩用電灯)で現場を照らしてあげる心配り。
しかし、内心ちょっとドキドキしてきた。
ここは、浜のはずれでかなり危険な雰囲気なのである。

と、急に怒ったように穴から出てきて、スタスタと歩き出した。
ボールを見捨てて、工事の途中で?
いつもなら、あの道この道、あっちもこっちも嗅ぎたい・・・と帰る道なのに
わき目も振らずに最短距離で帰宅。
中年の頑固さと苛立ちを感じる足取りであった。

とはいえ最近の散歩は朝夕とも各1時間30分平均、別サービスあり・・・
延びる散歩時間・距離、8歳を感じさせない元気さなんだけど。


プロフィール

ちひろ

  • Author:ちひろ
  • チョコラブ・カール
    2001.8.16 生
    海辺の暮らしを満喫
    体育会系の二人組


月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。