FC2ブログ

海 風 通 信

 
04
 
昨日の朝、近所を歩いていたらば
海の方から防波堤の階段を駆け降り、猛ダッシュしてくるワンコあり。

そういう時、ほんの数秒で色々な事が頭をかけめぐる

「あ~来たな、もうダメだな・・・」
「赤い首輪だけど、オスなんだろうな・・・」
「戦うしかないんだろうなあ・・・」

案の定、その勢いのまま襲いかかってくるワンコを足で防御していると
犬の名を叫びながら飼い主の、まだ若いが真面目そうな男性が走ってきた。

どうするのかと思う間もなく、アスファルトと草むらの堺あたりで飼い犬に猛タックル、
自分が下になって、中型雑種を上向きに抱えて羽交い絞め・・・

ワタシとカールは彼らを見下ろす形となったが、何が驚いたって!
飼い主さん、顔は真っ赤で、今にも泣き出しそうな涙目なんである。
「脱走しちゃって・・・」寝ころんだまま言う彼に

思わず「大丈夫ですか・・・」と言ったが
カールが近くにいる限り、起き上がらない覚悟が見てとれたので、
そそくさと立ち去った。

きっと多少の怪我をしたであろう、Gパンだって破れたかも。

襲われる経験の多いワタクシ達だけれど、ここまでしてくれた飼い主がいただろうか?
いや!まったくない!



襲われる直前、色々と策を考えるというか、ただ茫然としているその数秒・・・
カールとワタシは同じ思考を持っているように思えてならない。
ただ“飼い主の考えをくみとり、動きについてきてるだけ”以上に通じ合っていると。

その時のカールの雰囲気、視線や動きを思うと、
「あ~来たぞ?、嫌だなあ、どうしようかなあ」
「あまり戦いたくないなあ、ママが何とかしてくれるかなあ」

そうして、いよいよ相手が身体に接触してきた時だけ、抗議の声をあげるだけで
やりかえしたり、それ以上戦うという事がないのも、ワタシと同じ考え。



その二日前には、近所のブルドックに追いかけられた。

ワタシはブルドックが好きだ。コケティッシュな風貌や動きが可愛いと思う。
戦う犬として創られたという犬だけど、案外おとなしいコが多い。
カールはあまり好きではないらしいが、無関心で通り過ぎる。
アポロ君は人や犬と接触ないように育てられているようにも思う。

だから、後ろの方が騒がしく、ふと二人で振り返ったら、
家の前で飼い主と遊んでいた二代目アポロ君が、
ものすごい勢いで階段を上り、直線を走ってきた時
「あの子はたしか兇暴ではなかったよなあ」

しかし、外見で判断するのは最低なのだが、オスのブルドックは結構大きくて、
それがすごい形相で全力疾走してくるのは正直言って、ビビる。

その時の二人の頭の中は
「あのスピードなら逃げ切れるか?」
よし!「逃げてみよう」「そうだね、走ろう」
と、同時に走り出した。

・・・鈍重そうな身体でも、やはり犬にかなうワケはない。
カールだけならもちろん逃げ切っただろうが。

結果的にはアポロ君は遊びたかったようだった。
身体にのしかかってきたのでカールは抗議の声をあげたけど。



090304_kizu.jpg 「おかげで、このザマですよ・・・」

これは1週間前にスピッツにやられた傷跡。
知り合いの友人が連れていて、挨拶させたそうだったので
「大丈夫なんだろうなあ」「じゃ軽く挨拶しておくか」
とカールも近づいた。

匂いを嗅ぎ合ったのちに、ガウッときた。
これは経験上ありがちなので、近づける時はすぐ引けるよう細心の注意をする。
しかし、相手もそうだとは限らない。
むしろ無防備だし、自分の犬の性癖を把握していない。
だからこそワタシは昔ほどカールを初めての犬には近づけない。
もちろんカールが逆の行動に出ることだってないとはいえないので。

スピッツ君がガウガウ言い続けていたので、挨拶もそこそこに逃げ去ってから
流血に気がついた。戻ってまで抗議をしても仕方ないこと・・・

すまぬ、また判断を誤ってしまったね。
ひたすら謝ると、「オイラも油断したなあ」と笑って許してくれる(たぶん)。



そして、再び昨日の氷雨ふる夕方、砂浜を爆走してくるチョコラブ
リードをひきずったまま・・・ああ、ウーちゃん・・・またかい
(その時、カールも同じ様な面持ちで呆然と眺めている)

犬にも人にも興味がないので絡んでくる事は全くない。
通り過ぎるウーちゃんに「おうちに帰りなさい」と声をかけても、
猫や食べられるモノを目指して、雑木林や藪も意に介さずやみくもに走っている。
最終的に家に戻るからと、飼い主も家に帰ってしまったようだ。

カールより10kgは大きいだろう、そして野趣あふれる顔立ち。
近くに居合わせた子供などは、恐怖にチビリそうな顔で逃げ回るのを、
飼い主さん「何もしないから~」と叫んでいるが、それは怖いと思うよ・・・

しかし彼女は二か月前、1週間ほど不明になった事がある。
誰かに保護されたか?と思っていた頃、
空き地でリードが絡まっているところを、公園に遊びに行った飼い主達が偶然に発見。
奇跡的な生還だ、ずっとそこに居た訳ではなさそうだが、どこでどうしていたのだろう。
拾い食い防止用の口輪が外れていたのも幸運、彼女の野生が生かされた。

「昨日お宅の犬、一人で走ってなかった?」
同じチョコラブとして、誤解を受ける事もあるのだ。

そういうわけで、ウーちゃんは別の意味でも色々と注意して頂きたい。
カールと二人、心からそう思っている。




スポンサーサイト



プロフィール

ちひろ

  • Author:ちひろ
  • チョコラブ・カール
    2017年1月、15歳で犬生を閉じる

    相変わらずの波しぶき当たる海辺の家にて
    1年後には還暦だなぁ…の人生はつづく
    2018年初夏リニューアル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © ちひろ / Designed by Paroday