FC2ブログ

海 風 通 信

 
21
 
ちょっと前までは“更年期”という言葉も
ちょっと自虐的にちょっとしたジョークとして使ってたワタクシを許してください。

外見的には異常に元気ハツラツと見られがちなワタクシですが
肉体や精神の衰えは気づかぬ間に忍び寄っているもの・・・。
ここ1年ほど、何だかな~?な不具合に不安を覚える、まさに更年期の平均年齢まっただ中・・・


犬は飼い主に似るというが、カールも外で会う人々からは
「元気だね~」「まだ若いんでしょう」等々と言われるけれど、
人間で言えば40代後半にさしかかったあたりだろうか。

持病の首・腰のヘルニア発作も不安だし、よく見りゃ白髪もいっぱい・・・
まあ傍から若く見られるのは、元気であるからに他ならないよね。


そんなカールに
「あんたボケちゃったん?」と日に何度か問う事態が勃発


先日旅行で家を空けた際、オヤジが「ご飯あげないで出かけたのか?」と何度も聞いてきた。
いつもダマされて色々オヤツを要求されてたから、たいして気にも留めなかったけど、
翌日留守番していたカールに会うと同様の態度を示した。
とりあえず散歩に連れていっても、すぐに家に戻ってご飯ボウルをカンカン打つ。
「ご飯あげないで出かけたの?」とオヤジに何度も聞く始末・・・。


081113_boke.jpg ジットリ・・・

以前ならここに(キッチン入口)いても諦めてフセているか、
貰えそうな気配にだけ駆けつけてくるとかでしたが?

こっちが寛いでいたり、パソコンに向かうと、
「なんか下さいな」としつこいし、諦めも悪い。

食べ物への執着に並々ならぬものが感じられるのだけど・・・

相変わらず盗み食いや拾い食いがないのはまだ軽症か。


お友達のゴルの飼い主さんに嘆いたら、「ウチもそう!」との事。
しかし、「秋だからじゃない?人間もだし」と朗らかに自己完結してらした・・・。

冬に向って貯め込むのが生き物のDNAに組み込まれてると思いたい。


厳しい冷え込みとともに“老い”と“カールの影”が(食欲も?)忍び寄る、今日この頃・・・




スポンサーサイト



プロフィール

ちひろ

  • Author:ちひろ
  • チョコラブ・カール
    2017年1月、15歳で犬生を閉じる

    相変わらずの波しぶき当たる海辺の家にて
    1年後には還暦だなぁ…の人生はつづく
    2018年初夏リニューアル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © ちひろ / Designed by Paroday