FC2ブログ

海 風 通 信

 
17
 
夫婦揃って蕎麦好きではあったけれど、
ワタクシに限って言えば、“好き度”は増すし
以前は幸せと思ってた“天ぷら付き”がそうでもない・・・
油っぽいものは何だかもうねえ・・・

まあ一言でいうなら、そういうお年頃ということ。


それでも、蕎麦を打つ、とういう事は自分でも理解しがたい行動と思えた


ちょっと懺悔しよう

isiusu.jpg

思えば数年前、
「蕎麦が食いたくなった時、目の前にあったから」
という理由で石臼を購入してきたヒゲオヤG

普通、そうか?

この上、蕎麦打ち道具が増えてはたまらない。(ただでさえ家はオヤジの物置状態)
石臼様はさりげなく戸外へ移動して頂き、苔むし、蕎麦のウンチクは黙して語らず。


さらに、最近周囲の男性(60歳前後)で蕎麦打ちを趣味にする人が増え
“何故おやじ達はあの年代になると蕎麦を打ちたくなるのだろうか?”
という事を面白おかしく感じたりもしていた。



初めて打った蕎麦は案外あっけなくできた。

パンや菓子作りでも綿密にやる方ではなく、
今回も作り方をざっと頭に入れた程度だったのは、蕎麦に対して冒涜といえる。

081115_soba11.jpg
山梨韮崎で購入したもので、蕎麦殻を残したまま挽いた粉なので黒っぽい田舎そば
生地の折りたたみで逡巡があり(勉強不足)短くなった・・・

しか~し、多少短くとも、これは美味しい!
次はいよいよ戸隠の更科系で、ああして、こうして・・・
ヒトはこうして蕎麦打ちにハマっていくのだろうか

081115_soba22.jpg

見た目はともかく、やっぱり蕎麦の香りと味が違うよね、
どうよ?おやG?


「ウム、実は昔、蕎麦を植えようと思っていたのだ・・・」

「・・・・・?!」








スポンサーサイト



プロフィール

ちひろ

  • Author:ちひろ
  • チョコラブ・カール
    2017年1月、15歳で犬生を閉じる

    相変わらずの波しぶき当たる海辺の家にて
    1年後には還暦だなぁ…の人生はつづく
    2018年初夏リニューアル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © ちひろ / Designed by Paroday