上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008
11
28

辛抱たまらん

近所のワン友ママさんから、今年もリンゴのおすそ分け
りんごの木オーナーで、産地直送(自分で狩るんだけど)を頂いた。

カールと一緒に玄関先でお礼の口上など述べてると、袋からゴロリと・・・
あっという間にくわえて、テリトリーに(ソファ)持ち込むべく走り去る。

嬉しそうに挨拶し合ってたパグのルルララ姉妹もママさんも、
そしてワタクシが最も唖然としたよ・・・

この行儀の悪い醜態はなんだ!!
叱咤する叫び声も、すでにカールの影もない玄関に虚しく・・・


ママさんは以前“リンゴ丸齧りショー”を見て感激し(?)
いつも確かに「カールに」と言って下さるのだけど、
そして確かに飼い主達がほとんど食べてしまうのだけど。

せめて玄関先でショーを見て頂くとか、できなかったのか(違う)


・・・あらためまして
     081128_33.jpg

あれほどに喜んだ、という風に御理解下さい・・・



帰宅したオヤジにチクッてやったらば

081128_1.jpg  正座&説教


081128_22.jpg




081128_44.jpg 

 「これが信州の秋の味なんだね~」

・・・キミ、何が言いたい?
案外と根に持つタイプ?



スポンサーサイト
2008
11
25

あの手この手


081125_00.jpg  柱の陰・作戦

わざわざ別の部屋へ行き、影からのぞく
「アレッぶつかっちゃた」と言わんばかりに食器を鳴らしてみる


081125_1.jpg  悲しげな瞳・作戦

うわっ、近っ・・・
いや、イスの革がドロドロですがな


081125_2.jpg  甘えのアゴ乗せ腰くね・作戦

貰ってないのに尻尾ふりふりで愛想振りまいて
「これで落とせるはず!」






2008
11
21

忍び寄るもの

ちょっと前までは“更年期”という言葉も
ちょっと自虐的にちょっとしたジョークとして使ってたワタクシを許してください。

外見的には異常に元気ハツラツと見られがちなワタクシですが
肉体や精神の衰えは気づかぬ間に忍び寄っているもの・・・。
ここ1年ほど、何だかな~?な不具合に不安を覚える、まさに更年期の平均年齢まっただ中・・・


犬は飼い主に似るというが、カールも外で会う人々からは
「元気だね~」「まだ若いんでしょう」等々と言われるけれど、
人間で言えば40代後半にさしかかったあたりだろうか。

持病の首・腰のヘルニア発作も不安だし、よく見りゃ白髪もいっぱい・・・
まあ傍から若く見られるのは、元気であるからに他ならないよね。


そんなカールに
「あんたボケちゃったん?」と日に何度か問う事態が勃発


先日旅行で家を空けた際、オヤジが「ご飯あげないで出かけたのか?」と何度も聞いてきた。
いつもダマされて色々オヤツを要求されてたから、たいして気にも留めなかったけど、
翌日留守番していたカールに会うと同様の態度を示した。
とりあえず散歩に連れていっても、すぐに家に戻ってご飯ボウルをカンカン打つ。
「ご飯あげないで出かけたの?」とオヤジに何度も聞く始末・・・。


081113_boke.jpg ジットリ・・・

以前ならここに(キッチン入口)いても諦めてフセているか、
貰えそうな気配にだけ駆けつけてくるとかでしたが?

こっちが寛いでいたり、パソコンに向かうと、
「なんか下さいな」としつこいし、諦めも悪い。

食べ物への執着に並々ならぬものが感じられるのだけど・・・

相変わらず盗み食いや拾い食いがないのはまだ軽症か。


お友達のゴルの飼い主さんに嘆いたら、「ウチもそう!」との事。
しかし、「秋だからじゃない?人間もだし」と朗らかに自己完結してらした・・・。

冬に向って貯め込むのが生き物のDNAに組み込まれてると思いたい。


厳しい冷え込みとともに“老い”と“カールの影”が(食欲も?)忍び寄る、今日この頃・・・




2008
11
17

負けず嫌い

夫婦揃って蕎麦好きではあったけれど、
ワタクシに限って言えば、“好き度”は増すし
以前は幸せと思ってた“天ぷら付き”がそうでもない・・・
油っぽいものは何だかもうねえ・・・

まあ一言でいうなら、そういうお年頃ということ。


それでも、蕎麦を打つ、とういう事は自分でも理解しがたい行動と思えた


ちょっと懺悔しよう

isiusu.jpg

思えば数年前、
「蕎麦が食いたくなった時、目の前にあったから」
という理由で石臼を購入してきたヒゲオヤG

普通、そうか?

この上、蕎麦打ち道具が増えてはたまらない。(ただでさえ家はオヤジの物置状態)
石臼様はさりげなく戸外へ移動して頂き、苔むし、蕎麦のウンチクは黙して語らず。


さらに、最近周囲の男性(60歳前後)で蕎麦打ちを趣味にする人が増え
“何故おやじ達はあの年代になると蕎麦を打ちたくなるのだろうか?”
という事を面白おかしく感じたりもしていた。



初めて打った蕎麦は案外あっけなくできた。

パンや菓子作りでも綿密にやる方ではなく、
今回も作り方をざっと頭に入れた程度だったのは、蕎麦に対して冒涜といえる。

081115_soba11.jpg
山梨韮崎で購入したもので、蕎麦殻を残したまま挽いた粉なので黒っぽい田舎そば
生地の折りたたみで逡巡があり(勉強不足)短くなった・・・

しか~し、多少短くとも、これは美味しい!
次はいよいよ戸隠の更科系で、ああして、こうして・・・
ヒトはこうして蕎麦打ちにハマっていくのだろうか

081115_soba22.jpg

見た目はともかく、やっぱり蕎麦の香りと味が違うよね、
どうよ?おやG?


「ウム、実は昔、蕎麦を植えようと思っていたのだ・・・」

「・・・・・?!」








2008
11
13

冬の入口

先週末からの曇天・寒波の後、
夕方散歩に出たら、我が家周辺で、きつねの嫁入り

081113_niji.jpg

空が広いから、虹の全貌、綺麗な半円形(カメラに入らないけど)
海上の虹の根元も見えるんだよ

081113_yuyake.jpg

西の空は中途半端な夕焼けで

HIMG0029.jpg

翌朝、久しぶりに拝んだ富士のお山は
すっかり冬の装い




2008
11
10

いい日旅立ち・・・

081110_momiji.jpg

疲れ果てた心身を癒そうと、
水曜日に決心し、土曜日に旅立つ、
単行本一冊を供に鉄道の旅がいい!


このような突発的な旅立ちに、季節や他の状況を考えるはずもなく

世の中は紅葉シーズンだったり、七五三だったり、新蕎麦解禁だったりする訳で、
飛び乗った“あさま号”が新幹線である事も気づかない・・・

しだいに旅気分が盛り上がり、初めて乗車した長野新幹線で感涙
 「ひとり、サイコー、ブラボーひとり!」

かつてあんなに動き回っていたワタクシが、この10年、旅とは無縁、
一人旅は15年前の小樽以来という感慨・・・
80過ぎの母親、犬の老化・・・不安・心配で動きがとれない日も来るだろう。


長野県は若い頃、観光・温泉・スキー・テニス・登山等でお世話になっているけれど、
まだまだ行った事のない土地もある。


しかし、歳はたっぷり重ねたが、今は時間と金がない

081108_zenkouji.jpg

善光寺ーかつての思考からは漏れていたが、今がその時、
気分は吉永小百合の“JR大人の休日”

081110_oyaki.jpg

・・・小百合はおやきの立ち食いなどしない
野沢菜おやき、サイコー!・・・怪しくなってくる“大人のおんな一人旅”


山中をいく鈍行列車で紅葉を満喫し
さて、今夜のお宿は信州某所“卓庵”

急な女一人旅を快く歓迎してくれると言った、奇特な亭主ご夫妻と黒犬さん

081110_kuroinu.jpg

寒かった、がしかし、こういう土地は紅葉の色が静岡とは全く違う
普通の平地街並みの中にあっても鮮やかな赤や黄色に感嘆の声を上げっぱなし


ネットと酒で繋がっている奥様とは深夜まで話し込み、お土産まで頂く。本当に色々ありがとう!

081110_sobako.jpg
戸隠の新ソバ粉。打ち粉、厳密な分量レシピまで頂いたからには、打ちますとも!
先週手に入れた山梨のソバ粉(左)がちょっと霞むが、練習用にちょっと格下げ。
蕎麦大好きのオヤジからは「打てるものなら道具は買ってやる!」


♪い~い日、たび~だち~・・・わたしを待ってる~イヌがいる~

帰ったら静岡も冷え込んでいた。
喜びやら不満やらで興奮するカールを散歩に連れ出す、
それがいつもの日常への切り替えスイッチ。また頑張っていくよ、君の為にも




2008
11
07

アウトドア派

ここに1日中サンポしてたい犬アリ・・・

朝夕2回、各1~1,5時間
ここ2年、追加され、恒例化したのは
朝の散歩後、ご飯食って、ガムの1本でも食べたらすぐ行きたい
むしろガムなんぞいらないから「早よ外に行こう」
家事に動き回ってごまかし、腰をおろす事も許されないなんて

081107_umisuki.jpg


・・・了解しました
そんなに好きならば・・・

仕事の日はもちろん出勤前
出が8時頃と早かった夏場も母は頑張った
まあ10~20分くらいでも満足して頂けるし
この“午前中もう1回”は結構楽しい

081107_rappa.jpg
元ブラバン女子、約10年のブランク(勝手に推測)をうめるべく必死の練習
オバサンもまたピアノやりたいって痛切に思うから解る、頑張りや~
しかし、聴衆の反応悪くて申し訳ない・・・


「そんなに外が好きならば一人で庭にいれば?」
それはダメ、あわてて家に入る姿がかわいい奴
どこでも一緒がいいよね



プロフィール

ちひろ

  • Author:ちひろ
  • チョコラブ・カール
    2001.8.16-2017.1.19
    海辺の暮らしを満喫
    体育会系の二人組

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。