FC2ブログ

海 風 通 信

 
10
 
「痩せたね~」と言われると、(断るまでもなくカールの事ね)
“可愛がっていない?”と思われてるみたいで
「ヘルニア気味なので」と小声で言い・・・

だって、羨ましがる飼い主のワンコはメタボで
「ウチは可愛くて、ついつい、ねえ」などと言うんだもの。

「いっぱい散歩してるもんね~」と言われると、
上から下まで眺められてる気がして、
「飼い主はちっとも痩せなくて~テヘ」って言わずもがなの事まで言い・・・

被害妄想極まれりの春


カールと飼い主ペアは、とても早足…らしい。
友達は足がもつれると言い、オヤジは足がつると言う。

平行した道を歩いていたらしい飼い主さんに
“早いですね…ハァハァ”と声かけられ、
ハッ?とするほど本人達に無理は感じられない。

どっちのせいなのか?
カールの事を思い遣った飼い主が健脚になった、と思いたい。

車がほとんど通らない道を選んで、伸縮リード。
ツケは言えばできるんだし…と甘んじて普段は自由に歩かせてしまってるのは、
やはり最初の頃に運動量を意識したせいだ。

080410_yoko.jpg

そこで、散歩で良く会うワンコで考えてみる。

サンプルは、今回ラブ限定

黒ラブ♀のSとHは(別飼い主)、小さな頃から(むしろ心配に思った)
毎日“高速自転車引き運動”なので、非常に引き締まった身体。
食事についての会話はした事がないけど、どちらも定量フードのみのイメージ。

しかし、
パッと思い浮かべたラブ10頭のうち、
7頭がかなりのメタボ。(カールより年上はうち2頭)

7頭中6頭の飼い主さんは高齢(カール家より)だ。

飼い主が高齢なほど、食べ物に甘くなる傾向があるけれど、
案外オヤツはあげないし、食事に気を付けているという飼い主さんもいる。
皆、太り過ぎを気にはしているのだ。
「散歩だって毎日してるのに~」

飼い主の歩調に合わせて“のっそり歩く”
確かに!おりこうさん。

カールは週に何回かは疲れるまで思いきり走るが、
この10頭に関してはそういう事はないようだ。

自転車のSとH、カールを除いて例外がAちゃん。
飼い主は70歳くらいの男性。
全行程ノーリードだけど10歳なので速い訳ではない。
早朝会って、家事を済ませた頃にまだウチの前を歩いてる。
3時間?・・・夕方もたぶんそんな感じ。


やはり犬のメタボは、体質や食事、去勢避妊もあるだろうけど、
散歩の仕方に関係があるのだろうか。

哀しい事に、メタボと歩くスピードは比例する。
ここ数カ月で見違える程太ったHちゃん、急に自転車に引かれていたけど、
徒歩のカールとワタシ、追い抜くのは可哀想だろうかと悩む・・・


ではカールの飼い主、毎日2~3時間高速で歩き、自由運動も充分しているし、
いいの・・・何が悪いか自分が一番知ってるし・・・



スポンサーサイト



プロフィール

ちひろ

  • Author:ちひろ
  • チョコラブ・カール
    2017年1月、15歳で犬生を閉じる

    相変わらずの波しぶき当たる海辺の家にて
    1年後には還暦だなぁ…の人生はつづく
    2018年初夏リニューアル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © ちひろ / Designed by Paroday