海 風 通 信

 
30
 
この土地に暮らしてから、
春、砂浜にも広大な緑地が出来る事を知った。

カールヶ浜は、昨年の台風で波が押し寄せて、
緑地から何から、全て砂と流木で埋まった。

080430_karl.jpg
緑と花が復活! 自然ってすごい

080430_hanaendo.jpg ハマエンドウ


080430_hamahirugao.jpg ハマヒルガオ


080430_hanaki.jpg ・・・?

砂や砂利の上に草花達は群生する



準砂地(以前は不法ゴミ捨て地)、塩分多め、我が家の場合
そんな劣悪な環境をフト忘れて、
お店で綺麗な花を見かけるとツイ買ってしまう
080430_hanakare.jpg
昨日まで美しい姿だったのに・・・
軽率だった・・・申し訳ない事をした
海が荒れたり、強い雨風の翌日にショックを受ける事多し。
ちょっと迷惑なドクダミは、コンクリートの隙間でも元気だね・・・

080430_hanamaru.jpg

生存率を上げるには、近所のお庭で元気な品種とか(世話の善し悪しは無視)
道路脇や空き地でスクスク繁殖してるような草花を参考にする。
勝手に採ってきたりはしないですよ、もちろん。

080430_hana.jpg
成功例、根性ある黄色い花
知り合いに一株頂いて、時々株分けしてやって、数年で勝手に増殖
春・秋に花が楽しめて手間がかからないカワイイ奴
だから、通り掛かりの人に狙われるんだよね。
先日も一抱え根こそぎ引っこ抜いてるオジサンが・・・
「困ります!」・・・とは言ったものの、何を言っても元に戻るものでもなく、
元は頂いた苗だった訳だし、頭グルグル・・・
「その抜いた場所、均していって下さい・・・」

そうかと思うと、この花の上に駐車してたオジイサンにもビックリしたなあ
小さな子供(孫?)を乗り降りさせてたけど、道路ぎわとはいえ、どうなのさ?


スポンサーサイト
 
28
 
日曜日はまたヘルニアの発作に苦しむカールに1日付き添う。
薬を飲んでもダメで、大混雑の病院にて優先的に鎮痛剤を打って頂く・・・。

さて、昨日はそんな風だったカールもすっかり元気!
080428_1.jpg
昼だけど、今日は3度目のお散歩~

ここ半年、時間に余裕ができたので、
家の中でつまらなそうな顔でジトッとしてるカールを見ると(作戦?)
ついつい外へ連れ出してしまう。

買い物行くにも公園近くのスーパーをチョイスしたり・・・

080428_kuruma.jpg

例えばある日は・・・(ちなみに早朝散歩・午前散歩済み)
図書館に行き、車を置いてとりあえず周辺を散歩。
途中の区役所で、カールを日陰に繋ぎ、
住民票請求を出したら、3階のスポーツ振興課へ階段往復ダッシュ。
1階で出来上がった住民票を受け取る・・・汗だくな不審者。

図書館に戻り、返却、借り出しと棚の間を忍者のように走る(静粛な場だから一応気を使っている)。

次は酒の量販店、3ケース抱えて車に積み込んだら、向いの公園を散策。

さてスーパー。メモ片手に走る。
車内が暑くならないうちに戻るには、全てが小走り・・・

効率良い道順と、車中留守番と散策を織り混ぜる設定を構築するのが、老いかける頭の活性化に役立つ・・・?

家に戻って買ったものを降ろしている間も、まだ散歩に行こうとしているカールを玄関に押し込む・・・
重いビールや米やら運び込み、風呂場でカールの足を洗う・・・

何故、こんなにクタクタなのか?


080428_2.jpg
これからの季節、もう昼間散歩はムリと理解してくれるのか?

またある暑い日、スクータ-なら5分の郵便局へ、片道20分かけてカールを連れてく。
夕方散歩にしちゃうつもりが、やはり海も行きたいだろうと、そのまま普段の散歩コースを歩くワタクシ・・・何故?

のんびり外出するのが夢だったのに。
・・・じゃ、カールを置いていけばいいんじゃない?!

080428_3.jpg

全ては“笑うカール”を見るため



 
25
 
080425_mastu1.jpg
「海が青いね~」
とか言ってる場合ではなく、
2階からの眺め、松の花(?)、満開です。
まあ、ピークは先週で、真黄色だったのが茶色になってきた。

枝が少し揺らぐと、黄色い粉が舞うのがハッキリ見える。
花粉症のCMみたいにね。
ピーク時は一面煙っておりますとも。
杉花粉症だけど、松は大丈夫なので本当に良かった。

すべてのものが黄色い粉に汚染され、
080425_mastu2.jpg
軒下に置いてあるテーブルとイス
イスには猫が座ったようですね。

黄砂とか、桜島周辺とか、大変でしょうね。でも松もイヤです。

この後、花が実になり(2cmイモムシ状)家の中にも散乱。
マツボックリは許すが直撃する事あり。
松葉も酷い。家に雨どいなしが正解。
カールが木に触れてヤニでベタつく事だってあるぞ。

しかし、松ってさりげなく見てたけど、副産物多いなあ(主産物ってナニさ?)。
風よけ日よけ、なければ困るっちゃ困るんだけど。



ちなみに2階から海が見えるのは大掃除の後、しばらくの間。
窓は塩ですぐに曇ってしまう。
輸入住宅の窓はお洒落なのかもしれないけど、
外側を拭くにはすごいパワーで窓をひっくり返さねばならない。
網戸しかり。羽目殺しでネジ式なのだが、何年も前にサビてはずせない。

海辺の暮らし、グチでした・・・





 
24
 
ワンコの里親にいつかはなりたいと思ってはいても
生き物の事、軽い気持ちではできない。


その代わりと言っては何だが、可哀想なクルマの里親になる。
(ちなみに、ワタクシは車に全く興味なし&無知)

昨年の秋頃まで、庭は軽トラック2台。とても平和な気がしておりました。
たった1年ほどでしたが。

いつだって平和は長くて1年。オヤジが大人しくしている訳もなく
現在庭に4台、よそに1台。
頂けるものは何でも貰う

080424_opti.jpg
10歳を越えてる“OPTI”ちゃん
飼い主さん(持ち主)「心臓が弱ってるのでいらない」

確かに心臓部から不審な音がするので、
短期入院させてから、「好きに乗っていいよ」と言われた。

可愛いこのコはワタクシの雰囲気ではないし、
慣れないコはね~と、しばらく放置。
しかし、買い物などに同行させてみると、小回りよくて楽(オートマだし)。
そうして可愛いヤツと思いだした頃、里子に出されてしまった・・・
幸せに暮らしてるかな。

080424_oyaji.jpg
右:直後に来た“HIACE”くん
(左:ワーゲンバス顔のカール号。奥:オヤジ仕事用軽トラ)

手放された理由が不憫だった。
「息子がカートをやらなくなったのでもう不要」

カートっていうのは、遊園地等で見るゴーカートの本格仕様のもの(説明不足ですな)
F1レーサーも子供時代にやってたり、大人も真剣レースがある。
(もちろんヒゲオヤジも大好き。現在は大人チームのメカニック)


コミックスでカート物が流行った時に、子供にねだられ(!)
カートと送迎用の車と専用キャリーまで付けた、という。

子供は飽きっぽい。ほんの2~3年、中学入学で終了したらしい。
両親は車やバイク、エンジン物に全く興味がなく、二足三文で里子に出す。

まだ若いし、綺麗だし、元気。
カートごとウチに来て、オヤジが面倒見ている。
時々カールとワタクシも乗せて貰う。


そして、カール号を変えない?と言われたのが1ヶ月前
どんなコでしょう?
希望はただひとつ“車高が低い”

カール号は愛着あるけど、そろそろ乗り降りが心配。


080424_pablica.jpg
推定38歳“Publica”ちゃん

満身創痍、これは手放しても飼い主さんを責められない
とりあえず、足まわり部分で短期入院。
で、3日前に退院してきました。


080424_pab.jpg
ハンドルの大きさ・細さ、全てのスイッチ類(Pull)
手動の三角窓、全体のフォルム・・・
レトロというなら、ワタシも大好き
用足し程度に乗るならば、これもいい。

カール号をいずれ里子に出すつもりのようだが、
“ちょっと待った~”

・・・確かに低い
しかし、カールを乗せて遊びに行くのに、冷房なしは無理!?。
ドアの開け閉めだけで、把手どころかドアごともぎれそうだし、
閉めたドアの隙間から走る地面がよく見えますね・・・



そうだ、10年以上よそ様に預けたままのコもいたっけ。
080424-s800.jpg
“よたはち”くん、推定35歳
お好きな人には堪らないらしい。
本当に素敵なコですが、いつ帰ってくるのだろう
“Pubちゃん”“よた君”はオヤジの老後の友になる予定。


 
20
 


080420.jpg 不思議だな ママの近くは 涼しいよ





 
18
 
先週も今週も雨ばっかり。
今日は至近で雷がバリバリいってて、
2階で平気で寝ているカールを思わず呼び寄せてしまった。


080418-1.jpg
“犬と私の~”は図書館の予約で半年くらい待ったかな~
数時間で読み終わったので、すぐ次の人の為に返却。
映画の方も賛否聞いたので、テレビ放映を待とうっと


“イヌネコにしか心を開けない人たち”は香山リカ著
自分も無類の動物好きだと告白した上で、ペットブームの影をえぐり出してる、そうだ・・・。
敵を作りそうな内容もあるけど、精神科医の言う事だから皆納得するのかな? 
少し冷静な人なら思うような事ばかりだけど、ペット一直線の人は読まないだろうし。
ワタシならもっと言いたい事あるけどな、という後味。

080418-2.jpg
オヤジのリクエスト。以前、動物病院の棚で見かけた古い本。
人も動物も雑菌も共存してきたのに、
“むしろ人間の潔癖症が色んな病気を発生させてる”
というのは納得。

昔からオヤジは、カールから何らかの病気が伝染る事もある?と思ってるらしい。
身体が痒かったりすると、カールのせいでは?と言ったりする。
これには温厚なワタクシも非常にムカつく訳で
“オマエが不潔にしてるからだ~、オヤジ臭の方が耐えられん!”
と、心の中で叫ぶのだけど・・・

チューしたり、一緒に寝るのは良くない、という知識はあったさ。
そのせいで病気になったとしても、仕方がない!
まあ、子供や老人や病人等、抵抗力のない人が伝染るのだから、
ワタクシが雑菌ごときに負けるわけもないね


 
16
 
動物番組だったか、ヒト精神科の先生が言ってたんだか、
“人間も動物も少々のストレスはあった方がいい”


では、カールをショッピングカートに乗せてみましょう・・・?

080416_1.jpg 特に欲しい物はないですけど

カールが嫌がる、であろう事は想像してたので、今までチャレンジしなかった。
飛び降りるかもな~と思ったし。
軽くなったので持ち上げる事が可能になった事も嬉しい。


いつも小型犬ばかりのペットコーナー
今日はゴルとラブがいて、そそくさと通過

080416_2.jpg「早く新しいおウチに行けるといいね」

レジの時も神妙な顔してて面白かったな


小型犬飼いの知人に話したら、驚かれた
“休日はカートに乗ったワンコがいっぱいだけど、カール君みたいな大きいコは見ないわよ!”



 
14
 
日曜の朝、車で15分“三保の松原”へ

080414_matu.jpg
樹齢650年の“羽衣の松”は、二代目らしい。かなり痛々しい。
根元近くに高さ1mくらい、次代の松が育てられている

それにしても、見渡す砂浜と海は、カールビーチの方がずっと広いのに、
三保の浜の方が清清しく感じるのは何故か?
視界にテトラポットがないからかな?


海と反対方向に松並木(“神の道”と呼ばれてる)を500m程歩くと
080414_miho.jpg
“御穂神社”がある
“三保”と“御穂”同じ地で異なるミホには
言い伝えが様々あるようで、ここでは言及できない

初めて入ってみたら、広くはないけど、桜がキレイ
ソメイヨシノ以外の種類ばかり。八重が多くて華やかです
名前の札も付いてて勉強になったよ
080414_sakura.jpg
“鬱金桜”はウコン色というよりキミドリ色の花が珍しい


土産物屋で初めて購入した“黄金柑”500円
080414_mikan.jpg
ゴルフボールくらいで、柚子と蜜柑の掛け合わせとの事。
静岡は柑橘類の品種が多いのだ。
店のおじさんに味や利用方法等の取材をしたら、
「フルーツだから・・・」の一言で逃げるように、目をそらせる。
・・・美味しくなければ、まあ風呂にでも入れるか?

うんまい!ですよ おじさん、自信持っていいって!

水色のは“文旦(ぼんたん)カッター”
(文旦とはザボンの別名なんですね)
ワタクシが子供の頃はよく目にしましたが、近ごろは手に入らないらしい。
これは所ジョージがデザインの美しさに惚れて、オリジナルで作ったモノなんです。
だからアクセサリーとしても使えるのだ



 
11
 
綺麗な景色に心を打たれた時、
第一声はどんな言葉だろうか・・・


海と砂浜と大きな空が一望できる場所に立った彼女は
感極まったように叫んだ

「こんな場所でプロポーズされたいわ~!」

駐車場から現れた、関西人と思われる女性数人。
「思わへん?」
「ホンマ~」
短大(専門学校?まさか高校?)の卒業旅行の途中ですねん~、な年頃か

“今、何て?”
何度か反復し、笑いが込み上げた

080411.jpg
オイラの事は見えて・・・ないよね


笑いの中には様々な思いがあった

ワタクシは歳をとり、心が汚れてしまったのだ
しかし・・・
汚れてなかった(はず)ムスメ時代でも、この台詞は思いもつかないな

犬連れで汚いカッコで毎日歩いてる海に対して…
重要な場所に選んでくれてありがとう



 
10
 
「痩せたね~」と言われると、(断るまでもなくカールの事ね)
“可愛がっていない?”と思われてるみたいで
「ヘルニア気味なので」と小声で言い・・・

だって、羨ましがる飼い主のワンコはメタボで
「ウチは可愛くて、ついつい、ねえ」などと言うんだもの。

「いっぱい散歩してるもんね~」と言われると、
上から下まで眺められてる気がして、
「飼い主はちっとも痩せなくて~テヘ」って言わずもがなの事まで言い・・・

被害妄想極まれりの春


カールと飼い主ペアは、とても早足…らしい。
友達は足がもつれると言い、オヤジは足がつると言う。

平行した道を歩いていたらしい飼い主さんに
“早いですね…ハァハァ”と声かけられ、
ハッ?とするほど本人達に無理は感じられない。

どっちのせいなのか?
カールの事を思い遣った飼い主が健脚になった、と思いたい。

車がほとんど通らない道を選んで、伸縮リード。
ツケは言えばできるんだし…と甘んじて普段は自由に歩かせてしまってるのは、
やはり最初の頃に運動量を意識したせいだ。

080410_yoko.jpg

そこで、散歩で良く会うワンコで考えてみる。

サンプルは、今回ラブ限定

黒ラブ♀のSとHは(別飼い主)、小さな頃から(むしろ心配に思った)
毎日“高速自転車引き運動”なので、非常に引き締まった身体。
食事についての会話はした事がないけど、どちらも定量フードのみのイメージ。

しかし、
パッと思い浮かべたラブ10頭のうち、
7頭がかなりのメタボ。(カールより年上はうち2頭)

7頭中6頭の飼い主さんは高齢(カール家より)だ。

飼い主が高齢なほど、食べ物に甘くなる傾向があるけれど、
案外オヤツはあげないし、食事に気を付けているという飼い主さんもいる。
皆、太り過ぎを気にはしているのだ。
「散歩だって毎日してるのに~」

飼い主の歩調に合わせて“のっそり歩く”
確かに!おりこうさん。

カールは週に何回かは疲れるまで思いきり走るが、
この10頭に関してはそういう事はないようだ。

自転車のSとH、カールを除いて例外がAちゃん。
飼い主は70歳くらいの男性。
全行程ノーリードだけど10歳なので速い訳ではない。
早朝会って、家事を済ませた頃にまだウチの前を歩いてる。
3時間?・・・夕方もたぶんそんな感じ。


やはり犬のメタボは、体質や食事、去勢避妊もあるだろうけど、
散歩の仕方に関係があるのだろうか。

哀しい事に、メタボと歩くスピードは比例する。
ここ数カ月で見違える程太ったHちゃん、急に自転車に引かれていたけど、
徒歩のカールとワタシ、追い抜くのは可哀想だろうかと悩む・・・


ではカールの飼い主、毎日2~3時間高速で歩き、自由運動も充分しているし、
いいの・・・何が悪いか自分が一番知ってるし・・・



 
08
 
・・・最近“エド・はるみ”がちょっと好き。



今朝も強風雨の中、ごきげんに散歩するカールさん
ノーリードで安心の、街はずれの行き止まりのグラウンド

カールが何かに襲い掛かかった。
鳥だっ・・・

「イケナイー!」の絶叫で鳥は飛び立っていった。
何だか大きい、鳩でもカラスでもない、色も鮮やか

雄のキジだー(※田舎だけどさすがにキジは見ない)


ところで、普段のカールは鳥に優しいか(幼鳥を保護?したり)
たわむれに追い掛ける事がある程度。


レトリバーの本能は、
海系の仕事、しかも死んだ獲物をボスに運ぶのを手伝う
ではなかったか?

最近のカール、どうも欲求不満気味?ですか?
グラウンドを囲うネットに引っ掛かってたから、勘違いしたんだよね?

080408.jpg
生きとし生けるもの、自分で捕って(採って)食べるのが本来の姿でしょう


あ~良かった、とドキドキがおさまった後、
“キジは食べられるんだった・・・捕ってもいいものなのだろうか?”

・・・考えてしまった人間も、DNA(本能?)に支配されてる、と思いたい。



 
07
 
週末は花見日和だったので
朝は車で15分ほどの“日本平”へ。

山なんだけど、道路は整備されていて
桜のトンネルのコースでマラソンの大きな大会がある。

080407_sakura.jpg
いくら綺麗でも、このアップダウンを走る気にはなれないなあ


この山道コーナリングのせいで、バイクや車の走り屋達の溜まり場。
だからヒゲオヤジはここが好き。
オットがそういう商売なのに何だけど、あえて言いたい!
“綺麗な空気、景色にバリバリ音と排気臭は興醒め!”


080407_objye.jpg
山頂のオブジェ?
カールと富士山を撮ったつもり(携帯画像ではムリだし)


キムタクの“華麗なる一族”の撮影に使われたホテルもある。
そういえばその頃“キムタク一家が静岡に住んでる”という
都市(?)伝説が静岡市を席巻していたけど、どうなった?
・・・“華麗なる一族”見てないし、
工藤静香が犬の散歩してたとか、キムタクがサーフィンしてるとか
どうでもいいけど、噂話に興奮する、見た訳でもない人達が楽しかった。

080407_sakuratya.jpg
桜と茶畑・・・ん~、ラブより柴犬?
 
04
 
ここんところ、何の事件もなく、
平和な散歩は大変結構な事である。

そんな時に、ささやかなブログネタが

ラジオ番組(ローカル局)の“タイトルコール”っちゅうの?
とにかく、声を録音したいという事で、


静岡市駿河区のち~さんで~す
愛犬のチョコラブカールと大浜海岸を散歩してま~す
『SBSラジオ GOGOワイド らぶらじ』!

とまあ、こんな感じの原稿を作成されたんだけど、
適当にアレンジして構いませんよ、と言うので
『らぶらじ』のところを『らぶらどーるらじ』とね。

・・・肝心の番組名ですが?

一発オーケーでした・・・
よく解らないけど、喜んでました。

080404_1.jpg
「オイラはテレビ向きなんだけどなあ」


海岸を散歩してると、TV撮影(ローカル)もたまに遭遇します。
出たがりではないので、コソコソ歩くも・・・
海岸に来れば、沢山ヒトがいて、ネタが拾える、というテレビやラジオは甘い
平日は閑散としているし、広いので取材に苦労している様子に同情心もわく


出たがりの方には“台風最接近”時をおすすめします!
誰もいないので、高確率でインタビューされます。
(海岸に近付くなと放送してる手前、避けるようなカメラワークの場合あり)
ただし、生なので自分で確認する事も、ビデオ録画も出来ません。


よそのワンコを撮影していた時に、乱入した事もあったなあ・・・
初めて会ったのに“お友達のカール君と楽しく遊びま~す”・・・

知り合いから誘われて、カールの撮影にわざわざ出掛けて行ったらば、
全カットかよ~・・・
放送日にビデオカセットに表題まで書き込んで待ってた恥ずかしさ


ローカル局で、お礼にくれるモノと言えば
080404_2.jpg
マスコットが描かれたシール
「使わないのでいりませんよ」と言えないのは何故?


カール母の声が聞ける『らぶらどーるらじ』は
来週の月~金、午後1時~4時
の間に何度か流れるそうです。静岡県のみ?かな

絶対聞かないと思うし・・・。


 
03
 
カールは、1.5kgリバウンド。
アバラくっきりが不憫な気持ちが、微妙に食事を増量しているらしい。

080403.jpg
「あまり好きな皮じゃない・・・」

日曜日にレザーパンツ(中古)を買ってきたヒゲオヤジ。
1週間後のツーリングに着用する予定らしいが、どうにもウエストがきつい。

ダイエット宣言をして(今週限定かよっ)、結局は妻に夕食減量の指示を出す。

オヤジは典型的な野菜嫌い、肉好きなので、面倒なのよね。
およそ普段の半分以下、油は未使用というものをお出しするのだけど、
「コレはカロリー多いんじゃない!?」

“うるさ~い!たった1週間でカロリーもクソもあるかっ”

そのくせ柿の種小袋がなくなっていたりするのはどうなのか?
ビールを通常の半分にして後は焼酎ね、というのは効果あるのか?

まあ、自分の身体ではないので、どうでもよい。


毎晩レザーパンツはいてみてバイクにまたがるポーズを試してみる。
もちろん体重を測る、4日で1kg減ったらしい。
前日の断れない飲み会にはレザーパンツ着用で制限を加える、らしい。
まるで孫悟空の頭のワッカとか、テンソクとかみたいな?

毎日散歩に行く等の運動面の事は考えないらしい。
10時11時という夕食時間を改めた方がいいと思うし。


まあ、努力する気持ちは尊いよね。

リバウンドしても開き直ってる今回のワタクシよりは、はるかに。





 
02
 
2週間程前の朝の事。
いずれラブを飼いたいという知り合いのお宅に、オヤジ一人でカールを連れて行く事があった。

モタモタしてるうちにカールが玄関から飛び出し、
家の前を散歩していた小型犬に噛み付きそうになったと言う。

実際噛んだ訳ではなく、それでも聞いたワタシも驚いたが、
オヤジは相当のショックを受けたようだった。


カールが一直線に駆け付けて噛み付く、という事は考えにくい。

相手は近所のシーズー・Rだと見当がついた。
R君はカールより1年上くらいか。
最初の頃は道で会えば一緒に歩いたはずだけど、
そのうち吠えてくるようになり、その興奮度は増すばかり。
2年程前に自宅マンションから飛び出して来てカールに噛み付いた事があった。
それからは、カールも毛を逆立てて、興奮するようになっていたので避けるように。

だからといって襲っていい訳もなく
「相手に悪い事したな。しかしカールにはガッカリだ」と思うばかり。
・・・とは確かに思うのだけど



平和主義のカール
売られたケンカも買わないカール・・・

確かに基本的にはそうなんだけどさ。

ここ数年、オヤジはめったに散歩に同行しないし、カールと二人だけなんて年に2回くらいのもの。

誰とでも仲良くできる方だけど、
キライな犬も居るようだし、もちろん乱暴狼藉はないけど、
最近は仔犬等にしつこくすがりつかれると抗議する事があるんだ・・・。

常々言っていたのに、オヤジの意識は昔のまま。
自分の息子を絶対的に信じてしまってる。

もちろんワタシもカールの性格の良さはバツグンと思ってる親バカだけど、
“犬だから絶対はない”と常に注意はしているつもり。


けれど、歳を重ねて頑固になったというか、自己主張をするようになっていたのは事実である。

特に昨年カフェの仕事を辞めるあたりから、それが現れてきたような気がする。
3年間の接客でお客様ワンコと揉めた事はなく、
(雰囲気が悪そうな時に隔離した事もあったが回数は僅か)
その実績は褒めてあげたい。
一方で“ストレスがあって可哀想だったかもな~”と思っていた。


カールは、以前に比べると犬に無関心になった。
吠えられても、遊ぼうと言われても無視が多い。
毎日会うような“顔見知り”は特に。気の合う友達とは楽しく遊ぶけど。
初めて見るコでも、よほど好みの匂いの女子以外はさっさと通り過ぎる。
“仕事”の反動というより、歳をとったからだろう。

080402.jpg「海のように広い心を持ってるつもり…」

それでもカールの散歩は沢山のワンコに出会う環境。
顔見知りで“相容れないワンコ”が4匹。
一方的に威嚇してくるワンコが多い中にあって、非常に少数といえる。


R君、それからT君(ジャックラッセル)は、いきなり噛まれた事があるので理解できなくもない。

解らないのは、A(芝犬)B(Mix)。
近付いた事もないのに初出会いの遠目から相手は吠え、
カールは興奮する(カールは嫌いな相手でも吠えはせず、息が荒くなる)。
だから名前も知らない。
少し前に通った!という匂いを嗅ぎ付けただけでもいけない。

Aはカールが若い頃からで、“合わない犬がいるんだ”と初めて飼い主が勉強した相手。
一度ウチの前で、R君の時と同様に飛び出し、
芝犬を抱き上げる飼い主さんにすがった事があるので要注意。
飼い主さんは大きな悲鳴を上げてたけど、ガッチリした方で良かった・・・

Bはここ2年程出現。
フワフワ白毛に茶ブチの大きな犬で、スクーターで引き運動(!?)広い場所で放たれる。
なので、カールがスクーター全体に反応するようになって困った事もあった。
昨夏、川でノーリード同士で初の接近遭遇。
ヤバいな~と思ったが、両者向かい合って唸りあうばかり。
ケンカ経験がないカールは、どうしていいか解らなかったのだろうか。
まあ助かったし、案外ケンカにはならないもんだと安心した。

“この犬は良くて、何故この犬はダメ?”
オス、メス、去勢有無、以外にも解らない事があると思う。


カールもいい歳だし、元々穏やかな性格なんだし、
あとは迷惑かけなければ、ある程度カールの思う通りに過ごして欲しい。
飼い主が気を使ってやればいい事だ。



そうそう、オヤジが訪問した“ラブを飼いたい”お宅では、
カールは最大限の愛想を振りまき、適度に行儀よく、一緒に散歩に行き、
子供さん二人を含む一家に“ラブって素晴らしい!”と思わせる事ができたらしい。

朝の悪行を忘れさせるに充分だけど、
本当に飼うという時には、
“その他、色々知るべき事ありマス・・・”
適切な助言が必要かもしれない。
それこそ、オヤジだけに任せるのは心配だ。





プロフィール

ちひろ

  • Author:ちひろ
  • チョコラブ・カール
    2017年1月、15歳で犬生を閉じる

    相変わらずの波しぶき当たる海辺の家にて
    1年後には還暦だなぁ…の人生はつづく
    2018年初夏リニューアル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © ちひろ / Designed by Paroday