FC2ブログ

海 風 通 信

 
12
 
日照りだった8月が終わった途端、
大雨洪水雷雨波浪警報が出たり引っ込んだりの9月。

そんな合間の土日に、テニスの合宿に行ってきた。

車で1時間ほど、山間の廃校を利用したという自炊の施設。
流行りの“レトロ”を意識した造りでは、全くなく、
素泊まり(風呂あり)で一人1500円程との事。
いわく「大人が泊まるような所ではない」という話だった。

ワタクシはテニスが出来ればいいのであって、
コートはいいし、清潔なセンベイ布団だったし。

合宿とはいっても参加者は50代中心の約20人、勝手きまま。
全員集合まで駐車場で酒盛りしてたり、
自炊も何人かだけが頑張ってくれてたり、
あげく、ここの布団では眠れない、と日参にする者。

それでも十二分にテニス三昧した。



人間(ワタクシ)は勝手なもので、
カールの日帰り入院に涙したくせに、
自分が遊びに行くには、留守番させてしまう・・・

夜、オヤジからメールが入った。
“カールの散歩はした。
イマイチ元気と食欲がなくユルい”

速攻電話。

「よく読んで~、それオレだから~」
「・・・・・」
「オレの事は心配してくれないの~?」
・・・・・プツッ・・・・・

070912-2.jpg
直後に送られてきた画像
里心が湧くのでやめて欲しい・・・



帰りに少し山に入ったところの温泉施設に立ち寄った。
そこの露天風呂からは、目の前の鉄橋を走るSLが見える。
よくテレビなどでも紹介される大井川鐵道。

日に2回程の通過時間になると、川沿いの露天に裸の人間が連なる。
塀はあるものの、注意しないと一般の観光客も目の前にいたりするのだ。


070912-1.jpg
もっと間近に見える
広告用の画像を借りました


今か今かと待ってたら、山間から鉄橋に現れた機関車は
汽笛をならし、蒸気を吹き上げ、思ったより迫力があって興奮。

機関士や乗客と裸の人々が手を振り合う。
ハタから見たら、景色としてはどうなのか?。
しかし、初めて見たワタクシは感動していた。
大きな黒い機関車がまた山に吸い込まれていく姿も美しかった。


そんな大満足な日を過ごしておりました・・・ハイ


スポンサーサイト



プロフィール

ちひろ

  • Author:ちひろ
  • チョコラブ・カール
    2017年1月、15歳で犬生を閉じる

    相変わらずの波しぶき当たる海辺の家にて
    1年後には還暦だなぁ…の人生はつづく
    2018年初夏リニューアル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © ちひろ / Designed by Paroday