FC2ブログ

海 風 通 信

 
11
 
週末は2日続けての雷雨だったけど、日曜日の午後から急に日が射した。
海岸沿いは、夕方になっても通常の100倍ほどの人出。(体感数値=時間や天候によっては一人ぼっちの事もあり、見渡すと100人くらい目についた、という事)


ただでさえ、休日はいつも見かけないワンコやヒトが多いので注意が必要。
皆さん海の風情を楽しみながら、座ったり散歩したり。

いつもの堤防上の遊歩道を歩いていると、海に向かって親子が座って居た。
4歳くらいと思われる男の子がたまたま振り向いた所に、カールの笑顔。

パニック!。泣叫びながら座ったまま飛び上がった。
お父さんは犬が通った事を知らないから大慌てで、堤防から落下寸前の子供を持ち上げる。

振り返ったお父さん、カールの存在に大きな口を開けて何か言おうとしているが、こっちもパニック。
カールはただ歩いていただけで、近寄った訳でもなく、2mほどの距離があったのだが、
一応「何もしないよ」「ごめんなさいネ」と言って通り過ぎた。

070611_genba.jpg
ここが現場です、デカチョー

堤防は2.5mくらいの高さがあり、もし落ちたらケガをしたかもしれない。そうしたら訴訟でも起こされただろう。
子供を必死に持ち上げながら、お父さんの目と口は明らかに抗議しようかどうしようかパクパクしていた。
ノーリードだったら確実に文句言われそう。
これは不可抗力では・・・。歩いてるだけでこっちが気を使わねばならないのね・・・。
でも言ってあげたい事があった。
“ここは沢山犬が通るから、そんなに怖いのならそこは危険です”


しばらく歩くと、小学生くらいの女の子が、カールを見て親にむしゃぶりつき、
「いや~っ!」とこの世の終わりのような悲鳴を上げる。
カールとの距離は3mくらい、すぐ側には、別の犬がいるよ。

“・・・カールはダメでゴールデンはいいのかよっ!”
・・・そうですね、ゴールデンは可愛いっすよね
カールは笑顔がまた一層怖いですしね・・・。


またしばらく歩くと、大柄で強面の柴犬に会った。
初めて会ったのだが、飼い主の女性はズイズイ近付けてくる。
「男の子ですか?」「ハイ」
「大丈夫ですか?」「ハイ」

確かに大人しく、カールと挨拶。
この「大丈夫ですか?」は、自分が言われるとちょっとカチンときたりする。
特にがんがん吠えて威嚇してるコの飼い主さんに言われると
「お宅の犬の方が大丈夫じゃないようですが?」とムッとくるもの。

申し訳なかった・・・。
聞けば、去勢もしていないけど、吠える事もないという。
犬種や外見で決めつけてはいけない、といつも心掛けているのに。
カールを“危ない犬”と思われて悲しかったのに。

去年柴犬に噛まれて病院送りになった事を話し、ナデナデして許してもらう。

は~、人出の多い日は気を使うな。
カールと二人でのんびりが一番だよ。

070611-2.jpg

当分泳げません!
「ドクターストップは出てないはず!?」
・・・言わずもがなでしょう
スポンサーサイト



プロフィール

ちひろ

  • Author:ちひろ
  • チョコラブ・カール
    2017年1月、15歳で犬生を閉じる

    相変わらずの波しぶき当たる海辺の家にて
    1年後には還暦だなぁ…の人生はつづく
    2018年初夏リニューアル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © ちひろ / Designed by Paroday