FC2ブログ

海 風 通 信

 
06
 
涼しくなったけど、カールの膿皮症の状態が最悪になった。
特に背中から尾が酷いカサブタだらけだし、肉球間も赤くなって、散歩中も舐めたり、耳も赤くなって膿っぽい汚れが出る。足指間にはイボもある。

フードを変えたり、ブラッシングや洗浄をマメにしたり、ちょっと毛刈りしてみたりくらいでは解決しないし、カールもいつになく痒いようだ。
おまけに、ここ2~3日元気がない!

病院へ行こう!

10-6-1.jpg
「新しい病院だよ~」 ヲイ、元気…あるじゃん

今回から病院も変える事を決意。
特に治療で強い不満があった訳ではないけれど、24時間対応がウリだったのが、知らぬ間に全く対応してくれないという事が6月の発作の時に分かったから。しかもその告知が全くなく、常連さんでも知らない人が多い。
近い訳でもないので、行く価値が半減する。
できれば主治医的な所を決めておきたい。

車で20分以内という条件にしても、10数件がパッと思い浮かぶ。
これは恵まれているのだろうか?。ただ、規模の大きいところはなく、完全24時間対応のところもない。

お店でも、散歩中でも、その話になると熱くなる飼い主さんが多い。ドッグカフェなんかを利用するような人は熱心だ。だから情報量は多い。

色々聞くと、この辺の人は、病院ジプシーが結構多いようだ。
そういうワタクシも過去に4軒。
“こういうところはいいけど、ここがダメかな?”・・・。
完璧なんてありえない。

もちろん自分の通ってる所を絶対的に信頼して人にも奨める人もいれば、酷い目にあったと、こきおろす人もいる。
動物病院は、とにかく行ってみなければ分からない。
この人はイイよ~と言い、別の人は最低と言う。飼い主と獣医の相性、ワンコの性格・病気の内容、いろいろあるからね。

ドッグカフェなんかをやってると、どこがいいか聞かれる事も多いけど、曖昧な事しか言えないし、言わない事にしている。
引越してきたばかりの人や、犬を飼ったばかりの人から聞かれたら、ブナンな所をいくつかあげて、“でもっ、行ってみなければ解らないですよ”と必ず言い加える。


前置きが異常に長くなった・・・

候補が3軒あった。
今までに聞いた評判、ネットの情報、自分の判断でひとつに絞った。

車で10分ほど、出来て2年くらい、先生は若い。
気になってはいたけど、出来たばかりなので、情報量が少なかった。

でも病院紹介のHPと、リンクで個人的なブログがあった。
最近は業者が作った、更新も人任せ的なサイトばかりだけど、手作り感がよかったし、愛犬がフラッティーだ。
ブログを見ると、普通のレトリバー飼いの若い夫婦。二人とも獣医さん。
それに、御主人が体育会系、のようだった。

病院選びとしては、どうも動機が弱いけど、とりあえず行ってみよ。
新しいだけあって、すごく綺麗でおしゃれ。

10-6-2.jpg
「まだかな、まだかな~」

カールは病院大好きなので、具合が悪くて行くのに、
“元気がないんですが…”に説得力がなくて困る。

「大人しくて、いい子ですね~、何でもさせてくれる」
・・・・ポイントアップ
「あっ、レトリバーに載ってたでしょう?!」
さらにポイントアップ

治療や投薬について、希望を聞いてから話し合ってくれるし、質問や答えが一発で済む、話のテンポが合うかもしれない。現在の気になるところを全て詳しく聞いてくれた。
シャンプーやフードを強引にすすめられるとダメなタチなんだけど、
「最近は安く買える所もあるから、同じ種類の薬用ならいいですよ」
そう言われちゃあ・・・シャンプーも購入。

病院と住まいが一緒である事も確認(入院の場合に住まいが遠いのは何か不安)。
すごく混んでもないし、ガラガラでないのもいい(以前いつ行っても誰もいなくて不安になったところがある)。

とりあえず初回の印象は非常に良かった(あくまでもワタシにとって)。
しばらくここで御厄介になろう。

10-6-3.jpg
「何か疲れたかも~」


ブログで、普通の愛犬家と同じように、アチコチ遊びに行ってるのも好感持てたんだけど、“緊急時でも不在で診てもらえないって事だな・・・”。
スポンサーサイト



プロフィール

ちひろ

  • Author:ちひろ
  • チョコラブ・カール
    2017年1月、15歳で犬生を閉じる

    相変わらずの波しぶき当たる海辺の家にて
    1年後には還暦だなぁ…の人生はつづく
    2018年初夏リニューアル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © ちひろ / Designed by Paroday