FC2ブログ

海 風 通 信

 
22
 
最近、某ビールのコマーシャルで“静岡おでん”が露出している。

静岡に住んで12年。
当地の“おでん文化”の特異さを幾度か語ってきたけれど、その努力が(?)実ったのだろうか?!


ツユはあくまでも黒く、脂ぎっている。
(ツユを飲む等という事は絶対ありえない)
すべての具が串に刺さっているが、串もギトギトで手が汚れる。
なぜなら具に“モツ”“牛スジ”“フワ”等の肉類が欠かせないから。
それに老舗は、何十年もツユを継ぎ足し継ぎ足し、いわば“ウナギのタレ”のごとく?

“はんぺん”は黒。魚のツミレで、静岡の人は白いのを知らない人多し。
それらに“おでん粉”(かつお節の粉砕と青海苔を混ぜてあるもの)なるものをかける。ミソダレやカラシもあり。
販売網の基本は駄菓子屋。飲み屋はもちろん焼肉屋とか総菜屋とかスーパーにもある。
市内中心地に“おでん横町”という古い飲み屋路地がある。


ウチは近所の駄菓子屋でテイクアウトする。

060921_2029~0001.jpg

全ての具が、見事なまでに同じ色・・・・。


しかし、東京のおでんしか知らなかった訳で“もしかしたら少しも変ではないのかもしれない?”。
“静岡おでん文化”が、地域による食べ物の違いに興味を持ったキカッケになったのも事実。
各地のおでんはどんななのだろう・・・。
スポンサーサイト



プロフィール

ちひろ

  • Author:ちひろ
  • チョコラブ・カール
    2017年1月、15歳で犬生を閉じる

    相変わらずの波しぶき当たる海辺の家にて
    1年後には還暦だなぁ…の人生はつづく
    2018年初夏リニューアル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © ちひろ / Designed by Paroday