上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006
08
29

探索者たち

マズル周囲にハゲが多いのは、探索犬の証し。
変な漂着物よりも
流木や木立の中からボールを見つけるのが、カールのライフワーク。

8-29-1.jpg




今日素敵な話を小耳にはさんだ。
浜の草むらに“ピーターラビットのうさぎ”が住みついてるらしい。

8-29.jpg
服は着ていないと思われる・・・

カールを誘って、早速探索に行ってみよう
Wait for the report!.
スポンサーサイト
2006
08
28

本日の“発見”

[1、カールの背中の真ん中に~、湿疹がぁ~!]
やはり油断大敵。
ひとつ出来るとあっというまに増えて、ボコボコになり、カサブタと一緒に毛も取れてハゲハゲ~。
ハゲはいい、痒くて可哀相だから、なんとかくいとめなければ。



[2、浜で見つけたモノ]

hone1.jpg
 何の骨?

大きさと歯の雰囲気はヤギ?。ヤギって牙はあったかしらん?
伊豆から流れて来たイノシシ?

hone2.jpg
サイズ比:テニスボールとカールの足



[3、雑学]
“フリーマーケット”のフリーは【flea:ノミ】。
【free:自由】じゃない。
本を読んでて「ほぉ~」。
自由市場じゃなくて、蚤の市、なんだよな。
ん?…よく考えてみたら、すでに脳の“雑学引き出し”のどこかに入ってたような・・・
[記憶能力の低下]著しい事を今さらながら発見
2006
08
27

健康チェックカタログ最新号

昨日今日と結構涼しく、何だか拍子抜けの8月も最終週。

カールは食欲も元気も旺盛で、丈夫な方だと思う。
でも、“全くの健康体!、何の心配も不安もありませんっ!”
そう言いきれる時って、案外ないもんだ。
“病院行くほどではないが、何となく気になる”事ってある。

耳はキレイと言われるけれど、ちょっとクサイとか(加齢臭?)・・・
ハゲがあるとか・・・。
hage1.jpg
遊んでいてケガ、の目元

hage2.jpg
知らない間にカサブタになってた傷あと

同時期に猫パンチで流血した箇所は、すぐに傷が不明になって完治。



sissin.jpg

そして湿疹に悩まされる夏。

今現在、首回りの毛深い所は酷いが、全身転移はくいとめている。足指間が赤くなって舐める事も今年は少ない。
毎年夏場は2~3回病院に行っていたが、今年は何とかしのげるか?。このまま秋になってくれれば、ありがたい・・・


そして1週間ほど前に発見したのが5mmほどの“イボ”。
ibo.jpg

最初はかなり飛び出ていて堅い感じだったので、ネットで色々調べてみた。
血管腫とか組織腫とか物騒な事もあれば、ほおっておいて大丈夫という記述もある。とりあえず検査に行こうと思ったが、翌日以降大きくなるでもなく、患部が柔らかくなってきた。オヤジが虫さされであると断定?
要観察中。

6月に起きた発作はその後徐々に終息に向かったが、そういう状態を起こさない努力は続けている。昨日久しぶりに首が真横を向いたままの状態になったが、数分で収まった。カールもその間は目だけ動かしてジッとしている。

心の片隅で不安なのは前立腺肥大。6月の検査で少し肥大傾向と言われて、いっそ去勢をと思うが、オヤジがタマ取りには昔から大反対・・・・

そして、痩せた。これはたぶん水泳効果。
腰の為に良いのだが、痩せ過ぎか?とも思う・・・

飼い主は(飼い犬も)心配性でもないし、楽天的な方だから、常時気をもんでいる訳ではないのだけれどねぇ。
2006
08
25

ある一期一会

大阪から、という女の子3人のお客さま。

いきなり“パソコン使いたい”“携帯充電させて”等々言うので
「最近の若いモンは~」と思った・・・


初めて静岡に来て、何となく海を見に来たらしい。
カールを可愛いがって、はしゃいでいた。

8-25-1.jpg


聞けば、インディーズのロックバンドのメンバーで、ライブハウスのツアー中とのこと。

「おばさんも10代の頃は女の子バンドやってたのよ」
「え~!、どんなんやってはったんですか?」

この質問が一番イタい。
何しろ時代が違う。

エレキギターから入ったものの、アンプを使っての大音量は学校から睨まれた時代。大人しくあの時代ならではのフォークソング等をやっていた。それでも先生達の目は冷ややかだったなあ。思えば30年以上前の事。
もっと前、ビートルズが原点だけど。

「フォークやビートルズがあったから今があるんです!」

ええ子達やないか~


「大阪の街中から来たら、ここは田舎でしょう?」
「実は全員いなかの出身ですから~」

若いとは言え、20代後半から30歳くらいだろうか。
その年まで(ゴメン)ロックに打ち込んできたのだから、それなりの苦労や社会勉強をしてきてるんだろうな。

若い女の子同士でフラっと立ち寄ってくれる地元の大学生やOLさん達は、皆オトコの内緒話に夢中だ。


「シラス食べたいな~」
という彼女達に店を教えた。

帰りぎわに車から持って来てくれたチラシを見てビックリ。

8-25-2.jpg


ステージ衣装&化粧の彼女達は、今話していた彼女達とはあまりに違う。
東京から九州まで3ヶ月近いツアー。アルバムもON SALEだよっ。
も少し若ければライブハウスに応援に行ったかもなあ。

カールと遊んでくれて、世間話をしてくれて、ありがとう。
どっぷりおばさんになったのを自覚しちゃったよ~。

「ゆっくり、のんびりできたわ~」と言ってくれた。
彼女達にとっては通りすがりのおばさんだろうけど、覚えてくれてたら今後の音楽に生かしてほしい。(ロックには無理だろっ)

“若い頃音楽やってても普通のオバサンになるんだな~”と思っただろうか?
ワタクシもあの頃、こんな今の生活は思いもよりませんでした・・ハイ。



今のワタクシには場違いな雰囲気のHPを覗き見してみた。
ケリ-さんとナンシーさんとルーシーさんだったらしい・・・
2006
08
24

おやじスイマー

「ヘイ Karl 今日の波はどうだい?」

8-23.jpg
「よしっ、いくぜっ!」


「風もごきげんだぜっ」8-23para.jpg



zansyo.jpg
「・・・ただの海水浴ですが、何か?」


8-23san.jpg
「ヒャッホ~イ」

「一緒に泳ごう~~」8-23siro.jpg
「・・・オ、オレは本当は濡れるの嫌なんだよっ」



8-23tosi.jpg

タイトル『寄る年波』

この夏カールは少し体力が落ちた気がする。
泳ぎに疲れが顕著に現われる。
本犬は気付いていて気付かぬフリ?
何度もボール投げを要求するけど、早めに撤収。
去年までは見ていて何の不安もなかったのにな。
撤収するにも、去年よりあきらめがいいよね。
年とったのか、従順になったのか(今さら?)。
2006
08
22

男の花道

インディ君は、初めて会ったその日から、ラブビームを送り続けてくれる。
カールに・・・。

その後、男の子からオカマちゃんになっても変わらぬ愛。
カールは激しい愛を受け止める決意がつかないらしい。

indy1.jpg
「気持ちは嬉しいんだけど・・・」

初めて会った頃は、カールと変わらない体格だったと思うが、気付けば40kgくらいになってしまった・・・。
上から見ると、幅が倍?
(迫ってくるインディ君から逃げ腰なので、うまく撮れない)

グイグイ迫ってくるので、飼い主さんも大変。

indy2.jpg
「ごめんなさい・・・」


う~ん、人間界で考えると
ちょっと太めのオカマさんが、角刈りスポーツマンに“惚れたわ”って感じ?
2006
08
21

オイラ気分の涼

毎日暑いよね~
夕方の散歩に備えて充電しなくちゃ。

「ここなら、お客さん来たらすぐに解っていいでしょ?」

suzumu1.jpg

単にクーラーの風があたる場所だよね・・・

(常時クーラーが作動している訳ではないですが?)

それに“やれやれ、お客さんに挨拶も済んだし”・・・っと。
で、本格的な睡眠をしたい時は、熱気ムンムンの2階へ行ったりするし・・・


暑くて嫌になりゃ降りてくるさ、と思いながら、
あわてて2階へ行って、クーラーと扇風機のタイマーセットしに行くワタクシ・・・。
そんな過保護でどうする!

とか真剣に思っているのに、すぐに1階へ降りてきたりして、ムカつくお坊ちゃんだよっ!


suzumu2.jpg

「ここでもいいし」
2006
08
19

楽しい夜

公園友達の新居でHOME PARTY。
ヒゲオヤジの気のきいた手土産は、
8-19.jpg

ワンコの顔写真がそのままプリントされたケーキ。
人間用なのがちょっと酷だよね。
“ワンコ用ができないか聞いてみる”という才覚はなかった。
飼い主さん、お集りの皆さんにはとってもウケて、オヤジ大満足。

あのぉ・・・カールの誕生日は?
10年くらい自分の写真って撮ってない気がする。
たまに誰かと一緒に写り込んだものを頂いたりするが、ひっそりとしまわれてしまう。

自分の真実にがっくりするからだと思う。
全身像だと、ガックリというよりショック~。

今のアタシはこんななんだな、というのは解ってるけど…認めるけど…。

もちろん、洗面所や風呂場で鏡は見る。
チラッと見る程度・・・現実を直視したくない感じかな?
化粧をしないのと、洗面所や風呂場がちょっと暗いのもよくない。

明るい所、屋外や美容院なんかで愕然とする事が多い。
が、努力する訳でもなく、どんどん年齢に流されてるだけ。


「ちひろって、いつも写真と一緒でいいなあ~。アタシって写真うつり悪くてぇ~」
昔、友人に言われた事がある。
これは褒められてるのか?!
“いやいや、貴方もそのまんまですからー”

写真を見て『現実の自分はもっといいはず』って、みんな思うんだなあ。
録音した自分の声を聞いた時もそんな風に思うよね。



カールの写真は撮る。ネットにのせる事が多い訳だから、人物は入れないように意識する。誰かに撮ってもらう時も自分は写らないようにするし。

8-18.jpg

助手席に乗っていた時、バックミラーに自分が写ってた。
HA~~、とタメイキ。
カールが覗き込んで、顔だけ一緒の鏡におさまってる。

「カールと顔がすごく似てる気がする・・・」
「顔色が一緒だからね」

そうだねえ・・・でも色だけじゃあなくて、何とはなしに・・・
顔をくっつけて写ったことないから、こんなに似てるとは思わなかったよ。
濃い顔色の中にある、目とか顔の造作ってことかな~


自分の葬式用の写真はどうなるのか?とちょっと気になる。
(葬式はしてくれるな、骨を海に流して欲しいと頼んではあるが)
2006
08
16

あんまりよくなかった日

カール誕生日
まあ、毎年特別な事は何もしないから、昨日と同じ一日。
せめてもと、川遊び。

8-16-kawa.jpg

いつもと同じ画像だけど、間違いなく5歳のカールがいた・・・

この後、草っぱらで走り回ってたのを呼び戻したら、目頭あたりから流血している・・・。家に帰っても血がにじみ出してたけど、消毒してお終い。目をそれてラッキーだったと思おう・・・。


8-16-umi.jpg

今日の海は大荒れだったけど、色が素晴らしく良かった。
エメラルドグリーンとブルーのツートン、に真っ白な波しぶき。
cafeの日替りランチは、
『夏休み最終日?、気分(だけ)は沖縄!・タコライスとゴーヤサラダ』


そんな美しい海で・・・・
午後にヘリが低空飛行で、cafeの真ん前を大爆音で旋回。
窓いっぱいにヘリが見えるし、隊員の人が外に乗り出しているのも見えた。
あっという間にテレビ局やヤジ馬が集まってきた。

後でテレビで見たら、中学生2名が泳いでいて波にのまれたらしい。
一人は助かり、一人は今だ行方不明だそうだ。
夜になってもサーチライトで陸から捜索が続いている。
ずっと東の同じ海岸線でも大学生が不明らしい。

とにかく、今日は海に近付いちゃいけない波だったのにな・・・。
ご家族の気持ちを思うと、あまりに悲しいじゃあないですか
2006
08
15

オアシス

この辺りは地下水が豊富で、湧き水を放流している家が結構ある。
カールの飲み水を忘れた日のオアシス。
(ペットボトルの水道水より冷たくて美味しいであろう)

ido1.jpg
“飲んで行きな~”と快く言ってもらったポイント
初めて飲んだ時、飲み口がチクッとしたらしく、かなり躊躇する


カール家と道をはさんだエリアの水道は、新築でも井戸水。
(どういう基準で分かれているのか、よく知らないけど)
1kmほど離れたところに酒蔵もあるくらい。
(遠い親戚らしいけど、付き合いがないのが残念ダ)


ido2.jpg
ラブホテル前
チクッの記憶と、草が生い茂ってて上手く飲めない(軟弱なヤツ)。
仕方なく、ヤブ蚊の攻撃を受けながら手で受けてあげる事も・・・。


今日は水遊びはガマンしていただいたので、2ケ所でお世話になった。
2006
08
14

今日はどこで泳ぐか・・・

海が大層荒れていたので、いつもの夕方コースとは反対方向へ5分。
大きな川の河口あたり。
(たまに遊びに行く河原が5kmほど上流)

河口近辺の海は、波が立ち、潮の流れが複雑で、上級サーフポイント。
だから、この辺で泳ぐことはない。

川がちょっと蛇行して海に注いでいるので、海と平行に川がある部分が出来ている。台風の後等は地形が変わるのだ。
数メートル向こう側は海なので、大きな波が来ると海水が川になだれ込んでくる。

8-14-1.jpg


案外広くて深いので、カールも満足して荒れた海に飛び込まないので正解だった。
ただ、地元の人は河口は水が綺麗ではなく、臭い、という人もいる。
確かに上流よりは汚いけど、そのせいか、広々として清清しいのに、誰もいない。
実は脇を歩いた事はあるけど、ここでの水遊びは初めて。

8-14-2.jpg


漂流物の中からカールが選んだボールを投げたら、穴が開いていたのか、スーっと沈んだ。足の着かない中央部でいつまでも必死に探してしまう。
「もうないよ~!」と叫んでも、危ない雰囲気。
ワタシが走って、追いかけさせて、ボールへの執着を断ち切らせた。

8-14-3.jpg




“目の前が海で羨ましい”等とよく言われるけれど“泳いでいるのはカールぐらい”、といって過言ではない。
小型犬はともかく、大型犬でも砂浜に降りないタイプも多い。

波打ち際からかなり離れて堤防上の散歩道がある。
そこからカールの様子を見られているらしく、「今日も泳いだの~?」と知らない人からも言われる。
遠いので、密やかに遊んでいるつもりだった一人と一匹。
ヘタな動き(どんな?と言われても困る)は出来ないのだ~。
2006
08
13

水辺の華

8-13-renge.jpg

オヤジの用事ついでに散歩した公園で、ハスが見事に咲いていた。
花が大きくてびっくり。

8-13-ike.jpg
飛び込みたい気持ち充分?・・・


8-13-mizu.jpg

白く見える看板には
“犬を入れないで下さい”

「くどいほど沢山看板があるね~」
「ラブが入っちゃうのかな~アハハ」

めったにリードを持たないオヤジ・・・
飛び石の上を進んでいく。

“いちおうリードは短く持たないとー・・・”
と心の中で思ったワタクシの目には
普通に地面を歩くように水に入るカール。

すみません、本当に・・・。
2006
08
12

犠牲者は誰だ

空模様が怪しく、家を出る時には大粒の雨、雷さんもゴロゴロ。
どうせ散歩には行かねばならないのだから、と同意した二人と二匹で川遊び。

8-12-kawa.jpg


「犬に雷が落ちる、って聞いた事ないよね」

「貴方の傘の先端は金属ですねぇ…」
「携帯持ってる?。落ちたら、よろしく…」

「一人で二匹の犬も撤収しなければならないよ~」
「そんなの後だよ!」

「くっついて歩いていると、二人いっぺんにやられるから、離れようか?」
でも、相手が真っ黒になるのを見たくはないので、自分がやられた方がマシ!と言い合う。
「とにかく、姿勢を低くしてた方がいいよ」

8-12-kasa1.jpg

土砂降りの中、命をかけて犬を遊ばせる二人。
どうしても楽しんで頂きたいっ


8-12-kasa2.jpg
自分だけ助かるつもりか、おもいきり低いぞ、Sさん


その後、河川敷の草地でも走り回って、約1時間。

雨も上がったよ。さあ撤収しようね・・・・
2006
08
10

本日の海

「台風の後はいろんなボールが落ちてるよ!」
8-9-1.jpg


今日も波が荒いから泳げないな
「えっえ~~!?」

8-9-2.jpg

「う~ん・・・」

8-9-fuse.jpg

そこで遊ぶのもちょっと・・・


何か画像が不鮮明だけど、レンズに塩?
2006
08
10

弟はいかが?

お友達のオスカーの所に弟が登場したので会いにいった。
ヒゲオヤジが仕事先でオスカーを見て、チョコラブに惚れ、カールを飼うきっかけになった。
兄貴分の黒ラブ・ニックが秋に亡くなって、ご家族はニックに似た子を探していたのだった。

とにかく早く会いにいかねば。すぐに大きくなってしまう。

osker.jpg
「兄貴ぃ~、どうよ弟って?」
「まあ、ウザイだけってとこ…」


karljake.jpg

カールさん、大人気ないねえ?
「だってウザイんだもん」


一瞬ゼンマイが切れかかったところで、やっと静止画像。

jake1.jpg
ジェイクでちゅ~
2ヶ月半で9.5kg、固太りで、とにかく可愛い!

jake4.jpg

2006
08
08

プロジェクトX

月曜夜から台風接近で大雨。
散歩は・・・ごく普通に、何事もないかのようにボール遊びなどもする。。。
定休日なので、洗う時間もあるしね。

雨の日は人も犬もいないので、ノーリードで海に行ってみたけど、危険であることを説得し、本犬も自己管理のもと、水には近寄らなかった。
しかし、こういう甘い行動が水の事故につながるのだ、と思い、すぐに撤収。

雨の浜で出会う事があるのは
愛ちゃん(ラブ)ふーちゃん(ラブ)ポーちゃん(シュナウザー)ケンちゃん(ビーグル)で、散歩は皆お父さん担当のコばかり。女性に会う事はないな。
カールの飼い主は、いろんな意味でたくましいのだ。


・・・閑話休題
少し前に一部でちょっと話題になってた“スパークリングコーヒー”。
s-cafe1.jpg


ミルクなし、酸味の強いコーヒーに甘味少々。
美味しくない、という評判だったけど、思ったほど変ではない。

コンビニで飲み物を買おうと思って、これを手にするかは疑問だけど。
う~ん、いっそブラックスパークリングではどうだろう。

自分で作ってみる事にした。

s-cafe2.jpg

濃いめに作ったコーヒー液に炭酸水と氷。
泡だらけになって、それを飲む頃にはただのコーヒー液で、まずかった。
コーヒー液がまだ温かかったのが、敗因か?
次は甘味のあるソーダでやってみようか。

しかし、よく考えてみれば“そう美味しいとは思えない飲み物”を作り出す意味が見出せない。

ビール(正しくは発泡酒及び雑酒)さえあればいいのだー。
オヤジが持って来た怪しげな飲み物。
goya.jpg

ゴーヤは好きだけど、ゴーヤビール(左)はどうなのか?
2006
08
07

暑い日の散策

毎日欠かさず、ほぼ同じ時間に散歩に行くので、よく分かるのだけど、
“今日は格別に暑かった”

だけれど、台風の影響で波が高く、水泳は禁止。


8-7-hyotan.jpg
「見事な出来ですね。写真撮らせて下さい」
嬉しそうなおじいさん


8-7-hirune.jpg
だらしなく昼寝中

8-7-neko.jpg
「カーッ邪魔しないでよーっ」


なんて事をしていて30分後にバチが当たった。

門の内側から飛び出してきたノラ猫に襲われ、鼻の下から流血。
近所を縄張りにしてる気の強い茶トラだ。

カールが悲鳴を上げて抵抗したのに、まだ戦闘態勢、走って逃げた。
以前、後ろから飛びかかって来たこともある。
コイツが怖いので、猫には警戒していたのだが。
鼻の頭をひっかかれた事もあるけど、今回はちょっと出血が多くてあせった。

すぐに血は止まったけど、何だか不安になって、
こんな些細な事で恥ずかしいとは思ったが、病院に電話で聞いてみた。

牙でやられると化膿しやすいらしい。
爪か牙か、よく見えなかった。
傷が大きくなくて痛がっていなければ大丈夫でしょう、と言われてちょっと安心。

神様、どうかバチはワタシに当ててください・・・
2006
08
06

水場ジプシー

今日は近場の川へ・・・。

8-6-hutari.jpg

貴女達は毎日泳いで疲れませんか?
早朝散歩に行き、仕事を終え、
ビショ濡れになり、ボールを投げ続け・・・
飼い主はなんだかヘトヘトです。


8-6-bye.jpg

流れの速い所で上流から呼べば、必死に逆らって泳ぐ。
どうですか?そろそろ疲れませんかね?


暑くてもちゃんと運動して頂く為に、楽しんで頂く為に、
こっちも結構必死ですから。
2006
08
05

セレブな水遊び

お友達のお宅のプールで遊ばせていただく

「入ってもい~の?」8-5-youi.jpg



8-5-mam.jpg
「しょっぱくないよ~」



8-5-ball.jpg
「オイラ、ここの家の子になる~」


・・・・・。

毎日ひろ~いプールで泳がせてあげてるじゃないですか


2006
08
03

うまくない修復

テラスと室内の間の網戸が痛んでしまった。

本来、テラスと室内は開け放しておきたいのだけど、初対面のワンコと何かあっても困るし、カールがきまぐれに海に行く事があるから、網戸。
どんなに魅惑的でも、突き破る事はない。

室内にいるカールは、初めてのお客さんや、大好きなお客さんだと、テラスに出たいと訴える。
でも、誰かが開けない限り、網戸越しに鼻息荒く我慢。
感極まって、たまに手でカリカリ。
向こう側の小型犬などは網戸に飛びついてきたりする。

何年かの網戸ツンツンでとうとう穴があいた。

小さな隙間が出来ると、そこに鼻先をつっこんで戸を開けてしまうようになった。

小さいうちに修繕すれば良かったのに、張り替えしかなさそうな状態。
でも普通に販売されていないサイズなのだった。

無駄とは思ったが、修繕用シールを買ってみた。

8-3-amido.jpg
「何かカッコ悪くない?」
オマエのせいでなっ

これでもカールなら暫くは諦めるに違いないと思った。

翌日、保険の外交員さんが来て、嬉しくなってしまったカールは思わず鼻を突っ込んだ。

8-3-amido2.jpg

シールを貼った分、広範囲に圧力がかかり、以前より広がってしまった。
298円×2がやはり無駄になったな・・・。



そういえば、カールの足のハゲにやっと毛が!
と思ったら、そこだけ白髪が生えて来た・・・!?

8-3-hage.jpg

2006
08
02

カールの先輩

散歩デビューした頃、浜にはカールより2、3歳年上のワン達もたくさんいた。
そんなワン達の中で今年の春、パグのネネ(前出のルル姉)が虹の橋を渡って、悲しい別れをした。
そういう年齢に皆なってしまったのか・・・。


海くんは、GRの中でもとびきり綺麗で、年を重ねても鼻も目も真っ黒で毛艶もきらきらしていた。近隣の♀GRの飼い主さん達は“子供を作るなら海くんと”という程のイケメン。

kai.jpg


カールが発作を起こした6月頃、やはり体調を崩したらしかった。
その後少し元気になったが・・・最後に会った時は歩くのもやっと、美しい毛並みもほんの数日前とは全く違っていたのだった。

会わなくなって約1ヶ月、ずっと気になっていたが、一昨日海くんのお父さんに会えた。「あの後数日でね」
・・・最後に撫でた時、いつもはシャンとしているのに、やけにすり寄ってきたのが思い出されて涙が出た。

病院を3件回って、最終的に白血病という診断だったらしい。
発症から約1ヶ月で逝ってしまったことになる。8歳

普段は穏やかだけど、大型犬♂にはビシっと自分の上位を主張していた。ケンカする事もあった。
ただし、カールにはその価値もなかったのか、何も言わない。
やきもち焼きで、カールが飼い主さんに近付くと怒るのだった。
飼い主同士が話しているのも許せなくて、お父さんにマウンティングして自己主張。
男らしさの中に優しさを漂わす、カールのよき先輩だったのだ。
カールは海くんの後を引き継ぐ事ができないヘタレだけど、虹の橋で見守っていて下さい。それから後でカールが行ったらよろしく。


その一昨日会った飼い主さんがワンコを連れていた。海くんがサマーカットしたのかと思って駆け寄ってしまったのだけど・・・。
8-2-hoo.jpg

知り合いから事情があって預かってるそうだ。気も紛れていいよね。
「メスはラクだな~」って言っていた。ふーちゃんはカールに無関心。

カールは海くんのお父さんにベタベタ甘えるようになった。
先輩をたてて、けっこう気を使っていたんだなあ
2006
08
01

カールの友達

SALTY DOG CAFE における“平和主義トリオ”
犬種は違えど、いつも仲良し。

3wan.jpg

カール、ルル(バグ3歳)コテツ(ダックス2歳)
週末に“マテ競争”します。

人懐こく犬好きで…だのに、何もしないのにワンに激しく怒られてしまったりする。
とりあえず謝っちゃうか、気にしない。
で、3人で居ると落ち着くらしい。


8-1-pool.jpg

二人がペンションに行った時のショット。
可愛いのでお借りしました~。
大型犬がザブザブ泳ぐ中、波にもまれて漂流するふたり・・・。
ちっとも楽しそうじゃないね。顔が暗いよー

オマケ
8-1-lulu.jpg
いつものルル…いや、コスプレが得意

プロフィール

ちひろ

  • Author:ちひろ
  • チョコラブ・カール
    2001.8.16 生
    海辺の暮らしを満喫
    体育会系の二人組


月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。