海 風 通 信

 
31
 
2回連続で、つまらない話題。

結局、次の夜はBOOK OFFで買い物。
散歩時から空模様が怪しかったけど、外へ出て呆然。
土砂降り・・・。
スクーターだし、何より“花火が中止になって、ヒゲオヤジが帰ってきてしまう?”という不安で気分落ち着かず。

7-31-1.jpg
4册購入。うち2册の表紙にはラブの挿し絵・・・まったく。

ズブ濡れの夜は、チーカマと餃子。
コンビニはめったに行かないが、たまにはいいでしょ。
で、せっかくだから洗い物は極力排除。

(結局、現地はたいした雨ではなかったらしい)


で、最終夜。
何をしたいとか、何を食べたいとか、特になく、
本だけでピッタリ5000円使ってしまったし。
で、貸し本を返却したのみ。
今夜のツマミは、冷や奴と浅漬けとイカフライ・・・。

(ヒゲオヤジがいないと・・・ろくに料理をしないから痩せられそう?オヤジくさいメニューが気になるが)

結局1~2時間くらいの外出をしただけで3夜終了。
夜更かししようと思ったのに、あっという間に眠くなるしね。
さてと、オヤジ弁当の米とぐか~



7-31-2.jpg

でもね、ソファでカールとひっついて座る時間が長くとれたよ。
 読書しようと思うのに、
   カールの寝顔を眺めてるだけで時間が過ぎていくよ。
スポンサーサイト
 
30
 
昨夜は市内で一番大きな花火大会。
打ち上げ要員ではなかったが、オヤジの店が会場近くのビルなので、屋上でお客さんとバーベキューをするという。
「アンタも来れば?」
花火は見たいが、“料理を作れ”という裏の意味を推し量る。

過去、ろくに食べれず飲めず(車の運転もある)疲れるだけのバーベキューを何度も経験してきた。
喜々として張り切るオヤジの陰で、地味に裏方をし続けるワタクシの姿を誰も知らない。こういう時、参加者の女性(主婦含む)でも手伝ってくれる人はいない。
「○○さん、料理上手だね~」などと賞賛を浴びるオヤジ。

いかんいかん、前フリ(ってかグチ?)が、長く続いてしまう・・・。


という訳で、怒らせないようにうまく回避することに成功。

やった~~~!
カールの夕方散歩後の自由時間を確保できた~

しかも日曜・月曜は、花火の打ち上げで、自由な夜が3日!
軍資金が5000円あるし!。(昨晩オヤジのパチンコ戦利金のほんの一部。本来は外食基金にプールするのだが)

さあて、何しよう。
カールを何処かに連れてくにも、この3日間、カール号はオヤジが使用。
カールは少々お留守番してもらうしかないかな。


初日は、かねてより念願だった“本屋三昧”~!

7-30-1.jpg


欲しかった本はなかったので、ネット注文しよっと(早くて近いから)。
どうしても何か買いたくて、愛犬図鑑2007を購入。

でもケチ根性が出てきて、ブックオフにも行きたいなあ。
ついでにレンタル漫画ショップにも。


時間はあっと言う間に過ぎる。

あっ、オヤジにビデオ予約頼まれてたの忘れた!
・・・・。

外は花火の音に満ちてるまだ宵のうち、コンビニで酒のつまみを買って帰る。
書いてみると、すごく寂しい感じだけど、独りの夜(カールと一緒)って幸せ~。

貴重なあと2回、もっと計画的に有意義に過ごしたいものだが?
 
29
 
カールの軽いパンチで目を開けた朝5時半過ぎ。
カーテンの隙間からは既に陽射しがギラギラ。

週末は車で10分程の公園に行く。

hirono-1.jpg

“カール”のネーム入りバッグを持っただけで、いつもは興奮するのに・・・


まだ6時半なのに、暑くて犬達もほとんど走らない。

hirono-3.jpg


めったにない事だけど、カールもすぐに帰りたい様子。

最近はちょっと暑くなると車に乗りたがる。
車のエアコン吹き出し口で涼む為。

普段のエアコン使用で、暑さに弱くなってしまったかも。
付け放しではないが、飼い主達が暑がりなので(室内では)、カールも必然的に冷房に慣れてしまってるかもしれない。

それにしても、何時に起きて散歩に行けばよいのか?
午前4時くらいですかね?!
 
28
 
久しぶりに波が穏やかだったから思いきり泳げたね。
毎日30℃超えだけど、盛夏の暑さにはまだまだ。
風が爽やかで、付き合うこちらも気分はいい。

イキイキ 7-28-1.jpg




キラキラ 7-28-2.jpg






もっと波があってもガンガン乗り越えていくので、
むやみにボール投げはできない
波を見ている間、待ち切れなくて吠えてしまうのが問題点
 
27
 
海外ニュースを見ていたら、

『英国競馬で出走前、馬が暴れて振り落とされたジョッキーが、メットをかぶったまま思わず馬のマズルに“頭付き”』
という映像が流れた。

ワタクシ視点で見ると、それは何となく微笑ましく、ちょっと笑ってしまった。
ところが、折からのジダン問題に匹敵する問題になったらしい。
(英国は動物愛護の精神が強いという事情もある)

それほど強い感じではないし、馬も「あっ、悪りぃ、悪ぃ」という感じで素直に付いて歩き出した。

ラブ飼いにしてみれば、愛しくて信頼しあっていても、思わず頭付きしたくなる事もあるさ。
頭付きされて、鼻や歯に激痛がきたことだって、よくある。

そんな日常が全世界に放映されたら、確かにちょっと困るけどね。
 
26
 
少子化が問題になってるけど、カール家周囲では年々増える傾向。
子供会もなくなり、町内運動会やドブ掃除で我が夫婦に“若い力”が期待されていた。
街はずれの海辺の土地にも家やマンションが増えたって事かな。

夏休みに入って、カール家の小さな庭でムシキング大会か?。

060724_1546~0001.jpg
網戸越しなので、皆モザイク

マンションには庭がないのだから、どうぞ満喫して下さい。
一戸建ての家の子にも、ワイルドな雰囲気が魅力なのか・・・。

蚊の犠牲になり、できれば虫を捕りつくして欲しい。
(虫が減ると蚊が増えるのかな?)

060726_1646~0001.jpg
「忘れ物ですよ~」
 
24
 
罪名:拾い食い

散歩往路の波打ち際で何かクンクンして、そのまま素通りした。
見てみると、ナマ物っぽい指先サイズの物が数個。

ヨシヨシ、と思い、ボールで遊んで泳いで・・・
復路、さっきの場所でパクっと一つ口に入れた!

海岸は魚はもちろん、色んな物が落ちているが、拾い食いはしなくなってたはず。


すぐさま、呼びつけると、神妙に座る。
口を開けて手を突っ込む・・・
すでに飲み込んでいるのは解ってるけど、何で怒られたのか認識を強くさせる為。
マズルに往復ビンタ・・・罰を与える

「ハイ、反省し、ニ度としないで下さいよ」


そろそろ帰ろう、と言うと“もっと遊ぶです~”という態度で付いて来ないので、さらなる罰。

置き去りの刑・・・
「では、一人でここで遊んでいなさい」
この言葉だけでも、あわてふためくが、
リードをして繋ぐふりをすると“ごめんなさ~い”モード全開。
だが、あえて・・・
繋ぐ物がない・・・流木、だな。

ちょっと歩いて、振り向くと

7-23hansei.jpg
「許してくださ~い」


さらに数歩進むと、座ったまま泣き出す。

・・・細っい木なんですけど~?



叱る必要がめったにないカール。
叱られてる姿を見ると、怒ってる顔を作って心で少し笑ってしまう。
お腹だけは壊さないでよ、カールちん
 
22
 
今夜は、やけに爆竹と花火の音がうるさいっ。

暑かったり、雨だったりで、窓を閉めていたから、この騒音を忘れてた。

カール家はペアガラスなので、閉めていればかなり静か。
波浪注意報以上なら閉めててもかなり響くけど。

umihe.jpg



人は、なにゆえ海岸で火を見たくなるのだろう。

先日は海辺のコンクリート階段を歩いていたら、靴のウラで小さな爆発。
痛さも熱さも感じなかったけど、破裂音と衝撃に悲鳴を上げた。
かんしゃく玉のような物を踏んだようだった。
(カールが飛んで来てくれたのが嬉しかった・・・ただのヤジ犬?)
カールが素足で踏まなくて良かった!

浜辺のいたる所、すごいゴミ。
コンクリートの上でロウソクも固まってる。

最近は減ったけど、酒盛り跡とか、シンナーとおぼしきビニール袋等もあったりする。
嬌声も夜おそくまで・・・。

海なら何をしてもいいのかっ!?
現在10時30分をまわったけれど、いっこうに止める気配なし。

多少の事には目をつぶろう。
ただゴミは持って帰れ!


花火が苦手なワンコはこの辺りには住めないかもね。

しかし、ヒゲオヤジは花火師でもある。
バイク・車・花火の騒音には寛容だ。
 
21
 
顔見知りのチョコラブ達は、ちょっと前から色がまだらの激しいグラデーションになり、よく柴なんかで見るように、毛が浮いて、ごっそりまとまって抜けるらしかった。
イエローや黒ではあまり見ないような?。チョコってそうなるのか
でも、最近は皆落ち着いて来た模様。

カールは外見的にそれほど変化はなく、例年束になって抜ける事もない。

その頃のカールは、さほどではなかった。
でもここ1週間ほど、アンダーのフワフワ毛が、ブラシできりがないほど。

7-21korokoro.jpg

「んん・・・?、オイラ寝てるんだけど、後にしてくんない?」


7-21ha.jpg

「歯も磨く?」

下の前歯ガタガタ、歯並び悪し。おまけに犬歯はまっ平。
いかにも弱そうですね~
 
20
 
雨が続くので、また本のハナシ

モノや思い出に執着しないワタシが持ち続けてる唯一のもの。

7-20.jpg


『銀色ラッコのなみだ』初版1964年
これはもうアンティーク? ハードカバー・ケース入りで ¥380


エスキモーの少年と野生のラッコの友情の話。
幼い頃は親に与えられた童話等を読んでいたのだろうが、最初に自分で選んで父(4年前死去)が買ってくれた本だった。

『ラッコ』という動物が、日本では全く聞いた事もない時代。
この可愛い仕種の動物(挿し絵)と知らない外国の暮らしに非常に興味を持った。
動物好きになったルーツかもしれないな。


久しぶりに本のケースをはずしたら、雑誌の切り抜きがー
ラッコが日本の水族館で見れるようになった、1985年頃の non・no のラッコ特集記事だった。
 
19
 
店の前に看板と一緒に出しておくミルク缶。
雨の日は傘タテになる。

開店時間にミルク缶を動かそうと、持ち上げると~~
「ひっ!・・・ギョエ~~」

黒い粒と白い粒がこんもり、うごめいている~

アリとアリの卵だ・・・。

まずゴキブリを泡で閉じ込めるタイプのスプレーを手にした。
ちょっとパニック気味の店員は、いたずらに泡を撒き散らし、壁や床にこびりつかせる。
(パニックでもワンコの健康被害は避けようとするらしい)

アリもパニックで、卵を抱えて右往左往だ~

次は殺虫剤攻撃。

怒濤の熱湯責めー。

悲劇の現場7-19-ari.jpg




・・・一部始終を冷めた目でガラス越しに見ていた犬は、気付けば店員が行ったり来たりしている通路に寝そべっている。

冷静になれば、可哀想な殺傷だった・・・。

外で甘い物にでもたかっているのなら、もう少しあたたかい目で見れたけど
“何故ここに~?!”と思って突っ走った。
しかも店員、虫嫌いが弱点。(飛翔系だったら手が出せないほど怖い)

雨が沢山降って来て、たった1日の定休日の間に、一生懸命避難したのだろうな。

つかの間の涼はとれたが、大量殺戮に自己嫌悪な雨の水曜日
 
18
 
「ダ・ヴィンチ・コード」を読み終わり、とりあえず読むものがなく、本棚の奥の「カヌー犬・ガク」を引っ張りだした、雨の定休日・・・。

7-19-hon.jpg


奥付を見ると1998年。その頃は犬が身近にいなかった訳で、犬との暮らしは楽しそうだ、と純粋に思ったに違いない。
で、今読むと“すごい飼い方してるな~”とか“そんなモン食べるの~?!”等々、全く違う思いを感じてる自分が面白い。

最近は野田 知佑さんの著作を見ていなかったけれど、今年のはじめに7ヶ月の黒ラブ・エマちゃんが不明になった記憶が新しい。(現在も見つかっていないが、誰かに可愛がってもらってると思いたい)



子供の頃から乱読で本が溜ってしまう。10年程前からは図書館やBOOK OFFを利用して、すごく気に入った本以外は未練たらしく手元には置かなくなった。
(それまでの本の大部分は、ずっと実家に預かってもらっていたが、“重くて沢山ある段ボール箱を捨ててもいいか?床が凹んだ”と電話の度に言われ、実家の引っ越しに伴い2年前に全処分)

cafeを始めてから“時間がない”と活字離れしていたけれど、合間合間に久しぶりに集中的に読んだら何だか読書欲が復活してきた。

さて、次は何を読もうか。
最近の本事情に疎くなってるから(売れ筋や賞もの情報だけはたまにおさえる)、とりあえず本屋に行きたくなった。



ところで、連日の海、川、雨で、カールのタオル類が不足しそうだよ、困ったな
 
17
 
昨シーズン、友達のを見て「可愛いな、買おう」と思った。
そうこうしているうちに、
ワンコ仲間が揃って履いてるし、メディアにも取り上げられて、爆発的な人気らしい。

そうなると、
「流行を追うのは自分のポリシーに反する」
「皆と同じは嫌」
というヘソ曲りで、興味を失ったかのような態度。

keiman.jpg


だってさ、やっぱり可愛いし、ワンコと水系散歩には便利だ。
2個いっぺんの社長買いをした挙げ句、他の色も欲しくてたまらない。

オレンジは目立つので、色々聞かれ、“皆オソロ”状態をさらに広めてしまう・・・。
 
16
 
土曜日の夜、家長(仮)は言った。
「明日は5時に起きて、カールの散歩。そして暑くならないうちに草むしりをし、散髪に行き、夕方からの友人の結婚パーティーには車で送ってよ」


朝5時半にカールと起床。用意が済んでから、家長(仮)に声をかけると、
「・・・いってらっしゃ~い・・・」
(オヤジ、昨日は10時に就寝したはず?)

8時頃になっても起きてこないので、草むしり開始。

9時半頃、家長(仮)がやっと芝刈りを始める。
10時、家長(仮)散髪へ。
シャワー後、CAFE開店(ランチの準備は前もってしておいた)

一日何処かへ行っていた家長(仮)、4時過ぎ帰宅。
店を早めに閉めて(いいのかよっ?!)、家長(仮)を飲み屋にお送りし、
そのまま、カールと河原へ遊びに行く(約1時間半)・・・・。
カールを洗った後、一人で外食~、買い物~。

あ~、充実した一日でしたっ
先に休ませていただきますっ


Bifor 7-15kusa.jpg



After 7-16-af.jpg



奥がカンナジャングル7-16-siba.jpg

 
15
 
今日も35℃超えしたので、
・・・涼しげな画像をどうぞ

7-15-ten.jpg

真ん中へんに茶色い点

7-15-sazanami.jpg



7-15-up.jpg



涼しくて楽しいのはカールだけ・・・

撮影者の視点にたっていただき、吹き出す汗も体感下さい。
 
14
 
7-14kanna.jpg

カール家を隠さんばかりに繁茂するカンナ。

夏以外はただの枯れ草の山なのに、暑くなってくる頃から再生(?)し、ジャングル化。


7-14asagao.jpg

ちょっと先の松の下は野生化したアサガオ・ジャングル。
花も大きくて見事だけど、綺麗というより、葉が異様にデカくて恐ろしい。


7-14rappa.jpg

別の場所は、白くて大きなラッパのような花が沢山垂れ下がっている。


潮や海風にも負けず、手入れしなくても頑張ってる植物は、繁殖力がスゴイ。


今ワタクシの心を暗くしているのは、雑草達。
これでいいのか!?、お客様を迎える店周り・・・。

7-14kusa.jpg

左側の家沿いもスゴイぞ~
何しろ、庭で車が通る部分だけが、かろうじて草がない状態
 
12
 
今までも泳いでいたではないか?!
・・・と言われると、まったくもってそうなのだけど、
飼い主の気分の問題なので、本日を海開きと致します。

だけど、ちょっと荒れているので、波打ち際だけです。





ところで、今日の獲物は大きくて、新鮮ですね
7-12-same.jpg



プールへ寄るのも、今シーズン初。(年間を通じて散歩コースだけど)
お水を飲ませてもらい(足洗い用水道)、外シャワーを当たり前のように浴びる。(プールクローズ後)

シャワー中、年長の監視員の方が通りかかったので、
「シャワーを貸して下さい(…たぶん毎日ですが)」と申請。
大笑いしながら「全然構わないよ~」と言ってくれました。
では8月末日まで、よろしく・・・
 
11
 
「ムシムシするな~
  さすがのオイラもバテるよ」

7-11-tuke.jpg

「“ツケ”“アトヘ”なんて、
  言われなくたって、バッチリだよ。・・・暑いからね」



7-11-1.jpg

「ちょと休憩してみたら、驚いたり喜んだり悲しんだり・・・
  かーさん、複雑らしいけど、
       オイラも若くないし、少し太ったからなぁ」



7-11-pool.jpg

「流れるプール空いてるよ・・・
   泳がせてくれないかな~」



7-11-suwari.jpg

「海が荒れてるからって、フロントラインしたからって・・・
    泳がせろ~。暑いんだよ~。」
 
09
 
褐色(?)の肌にオレンジのシリコンブレスがイイ感じ~

7-9-.jpg

しかし、この手タレ、汚い・・・シミ多い

それはまあ、いい
盲導犬募金のシリコンブレスが届いたんだけどー
トイレットペーパーのはずが、ボックスティッシュですよ~?!
盲導犬が増えるなら、尻拭くでも、鼻かむでも、どっちでもいいか。


おばさん、流行遅れ? 
色んなカラーの募金付きシリコンブレス、少し前に流行ってた時、すごく欲しかったんだよね、実は。


内緒でヒゲオヤジの分も買ったのだけど、どういう反応だろうか。
仕事柄もあって、時計も何もつけないけど、“GUIDE DOG SUPPORTERS”というロゴに興味を持つだろうか・・・。



褐色といえば。
夏になって、肌がいい具合に黒くなってくると、ブレスや指輪をしたくなる。
店を始めてから、スポーツする時間と金がなくなったので、すごく色白になってしまったな・・・と思っていた。
しかし、その後に親しくなった友達が言うには、
「こんなに黒い女性に会うのは初めてだった…」


犬の散歩レベルでないのは解ってる・・・。
元々、白くない上に、焼けるとその日のうちに定着。

週イチとはいえ、テニスコートの女性で、半袖&『顔に何も塗らない』のはワタシだけだ。
この年齢では、長袖長パンツ、グローブ、サンバイザーも必需品。顔は塗壁のよう、が普通。

これでも、短パン・ノースリーブにしたいところを我慢している。
人の鑑賞に耐えうる体型ではなくなった。

だから、数年前までは、もっと真っ黒だった。
テニス以外にもスキーやウインドサーフィンやダイビング・・・。
何の対策もせず、むしろ、まんべんなく、綺麗に焼けるよう、すすんで太陽の下にいた。

スポーツでは、思いきり汗をかき、ゴシゴシ拭いて、ザブザブ洗うのが好きだから、仕方ない。
いまだに水道の下に頭をつっこんで水をかける、という体育会気質。

10代の頃から傷め続けた肌は、この先どうなるのか?
「誰もワタシの顔なんて見ないのだから構わない」と思ってはいるが、
ただの“キタナイオバサン”にはならないように気をつけたいものだ。
 
07
 
すぐ近くの市民プールがいよいよ明日から。

7-7-1.jpg

掃除もすっかり済んで、目がイッちゃってる“亀”


7-7-2.jpg

警察犬カール「この向こうに何かあるっ」

脇の非常用(?)ドアの前から動かない。
(センスの悪い落書きはやめよう!)


かねてより、この能力については驚嘆していたが、
7-7-3.jpg

思いきり背伸びをして、何とか見えた。
上部の隙間に手首だけを入れて撮影。

完全封鎖の金属ドアの内側に、あったよ、テニスボールがっ。
嗅覚としか思えないが、きっと五感以外の何かがウチの警察犬を突き動かすのだ。

「これだけはどーしても取れない」
という事を説得するのに時間がかかるんだよな。
 
05
 
朝から大雨洪水警報まで出ていたので、“思う存分海遊び・全身洗浄コース”を覚悟していたが、夕方散歩の時は丁度雨が上がっていた。

こりゃ、ラッキー!。今日は部分洗いでお願いしま~す。

リードをがっちりして、前半戦無事通過。

公園でちょっと立ち話をしてた隙に、何故か頭&顔がドロ。
調子に乗って、地面に身体なすりつけ・・・。
痛恨の采配ミス

もう海で洗うしかあるまい。


oyogu1.jpg

「波打ち際からスグだけど、足がつきませんから気を付けましょ~」

oyogu2.jpg


解説はいいけど、今日の作戦名を教えてください
 
03
 
先週末のテレビで“動物病院24時”という特番があった。
その中で、やむを得ない事情によって飼育ができなくなった高齢者のペット動物を、無料で引き取り、世話をしているという施設が紹介されていた。

日本ドッグホーム協会
http://www.doghome.jp/index.html
(代表者:白井さんのブログへリンクあります)

遠くまでワンコを引き取りに行ったり、飼い主が暮らす老人ホームへ何時間もかけてワンコを連れて会いに行く。
施設には犬が約100匹猫も約100匹。全くのボランティアで散歩も1匹ずつ。
手狭になったので、何とか土地は購入したものの建物まで費用がまわらないらしい。人手も足りない。

現在の所在地が我が家から15kmほどの三保であるという事で、何とか協力できないものかと思った。

翌日、“テレビを見てさっそく不要のペットシーツを届けてきた”という、ラブ連れのお客さんがCAFEに立ち寄ってくれた。行動が早い・・・。
反響の電話の応対で大変そうだったらしい。HPの掲示板を見てもかなりの反響がある。
少し落ち着いた頃に尋ねてみたい。まとまったお金はないけれど、1日だけのお世話係りでもよいらしい。
新施設建設要員(大工等のボランティア)も募集している。オヤジを派遣したいところだ。(大工じゃないけど)



ちょっと勢い込んだ気分で、お友達のブログで見た盲導犬募金のシリコンブレスを注文。
こんなの7-3-1.jpg

ついでにトイレットペーパーも7-3-2.jpg


それで思い出した。
店鋪等で見かける、盲導犬募金の置き物。
下部の募金箱部分が壊れたものを、ずっと前にオヤジが貰ってきたのだった。
置き物とはいえ、ウルウル目がたまらない。
ちゃんとした募金箱の設置を検討しようではないか!
7-3-3.jpg
「オイラのウルウル目と合わせてよろしく」
 
02
 
予報は外れて、午後から陽射しギラギラ。
夕方散歩は、お友達と川へ繰り出すことにした。


7-2-0.jpg


胡桃ちゃん(右)は一人遊び中心。
聞くところによると、魚を捕って、ムシャムシャ食べるらしい。
狙いが定まると、シッポが控え目にクルクルするので解る。
残念ながら今日の釣果はなかったようだ。
次回は動画で狙いたいところ。


7-2-1.jpg

漁の邪魔をするカールとzipちゃん。


7-2-3.jpg


足がつかない部分が少なくて、カールとしては物足りなそう。

嬉しそうな姿を見て、そろそろ海開きだな・・・、
決意も新たに致しました。

 
01
 
知り合いにオーストラリアで購入してもらった豚皮ガム。
身体に悪そうだよな~、全部食べちゃったら腹壊しそうだし…と思ってるうちにちょっと古くなっていた。
オヤジが「あげれば?」というので、
カールさん、いいですか?、30分一本勝負ですよ





舐める、舐める・・・。
珍しくて堅い系は、愛おしそうに、とりあえず舐める。

「ハイ30分、今日はお終い!」
「ええーっ!?、ひとつも食べてないし」


gum2.jpg

第3回目スターット
(未開封の左は、ふたまわり程大きいもの)
汚れるので専用タオル敷きますので、この上だけで願います。

プロフィール

ちひろ

  • Author:ちひろ
  • チョコラブ・カール
    2017年1月、15歳で犬生を閉じる

    相変わらずの波しぶき当たる海辺の家にて
    1年後には還暦だなぁ…の人生はつづく
    2018年初夏リニューアル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © ちひろ / Designed by Paroday