FC2ブログ

海 風 通 信

 
02
 
夏のカールはここ

6-2-1.jpg


何処へいったかな~、と思うとトイレ前

カール家は床やドアなどが濃い茶色なので、ほとんど保護色で、
気付かずに、通りかかってビックリする事もある。

ちょっと暗くて、雰囲気的には涼しそうだけど、廊下どん詰まりで、決して風通しは良くない気が。

6-2-2.jpg
「静かで落ち着くんだ~」

散歩後のクールダウンもここ。壁に寄り掛かって横になるので、カールサイズで壁紙が薄黒くなってるよ~


~~~~~~~

カールその後

昨日と今日の朝、軽めの発作があった。
散歩出発前に、リビングで動けなくなっていた。

昨日は数回悲鳴を上げたが、床に丸くなって、耐えていた。
立ち上がると首が片側に向いてしまっている。壁に寄り掛かり、その後ヨロヨロと歩き出した。
外へ連れ出すと、真直ぐ歩けないながら、トットット…と道路に出て丸くなってしまった。大好きなお友達と飼い主さんが通りかかるが、そのままだ。
かなり辛そうだけれど、ケイレンもなく、吠えたり叫んだりしないので、様子を見ていた。
顔が曲がったまま、また歩き出し、車へ向かうが、乗せない事にした。
しばらくウロウロしたが、だんだん顔が正面に向いてきた。
と思ったら、普通に歩きだした。20分間くらいだった。

今朝は、首が片側に向いてしまっているものの、イスに寄り掛かって立っている。声も出さないまま、すぐに復活した。5分間くらい。


酷くなさそうだったので、冷静に観察した。
オヤジの“寝違い”説は、あながち外れていないような気もする。

発症前の行動は、たぶん丸まって尻やチンチンを舐めたりしている。
(いずれもハッキリ目撃はしていないけれど、朝起きると無理な態勢でムキになって舐めている事が以前もあった)

人間でいうなら、筋を違えたみたいな感じではなかろうか。
“すじ”とか“きん”はレントゲンには写らないもの。

一番酷い時は、おかしくなってから2時間近く苦しんでいたと思う。
本犬もパニクっていたのかもしれない。

痛みや驚きに慣れてきたのか? 対処も出来るようになったのか?
顔が片側に向いてしまうのが気になるけれど、このまま、症状が収まってくるかもしれない、という期待を抱いている。

カール~、しゃべって、教えておくれよ
スポンサーサイト



プロフィール

ちひろ

  • Author:ちひろ
  • チョコラブ・カール
    2017年1月、15歳で犬生を閉じる

    相変わらずの波しぶき当たる海辺の家にて
    1年後には還暦だなぁ…の人生はつづく
    2018年初夏リニューアル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © ちひろ / Designed by Paroday