FC2ブログ

海 風 通 信

 
16
 
一昨日の散歩中、近くのマンションから飛び出して来たのは、シーズー・・・。

「助けて~」と叫びながら(これは咄嗟に出る。まだ声が充分に出ないのがくやしい)、足で防御する。
何度も攻撃してくる。蹴り飛ばすのは簡単そうだけど、さすがに気が引けるので、払うのが精一杯。

飼い主がやっと駆け付けて来たので「困ります!」と言うとスミマセンといって抱き上げた。
過去多数の経験から“噛み付いたという認識がないらしい”(見えない?)という事が解ってきたので、「噛み付いてきましたよ!」と言いつのるが・・・。
シーズーは頭をナデナデされてるし。



いつも相手はノーリード。
近くてもすぐに止めてくれない。
その場で自分の犬を叱る飼い主は、ほとんどいない。
こちらの犬が“大丈夫か”と確認する飼い主も、いない。
謝らない人だって結構いる。


その場の対応によっては「大丈夫ですよ~」って言えるのに。
叱る→謝る→確認、って、自分ならするだろうと思うけど、できないものなのかな?
散歩中、威嚇しまくってるのに、飼い主は自分の犬を眺めて笑顔。
“その微笑みは、何?なんなの~!”と聞きたい。


波状攻撃に足を使って防御できたのは初めてだった。
シーズーくらいなら何とかなる事がわかった。
相手に物申したのも初めて。

大事になることはないけど、いつも後味が悪い。
カールだってやらないとは限らない、とも思う。

hutekusare.jpg

怪我はしなかったし~
でもさ、シーズーにまでやられて情けないかも・・・
仲良しのコもいっぱいいるからいいんだ~
スポンサーサイト



プロフィール

ちひろ

  • Author:ちひろ
  • チョコラブ・カール
    2017年1月、15歳で犬生を閉じる

    相変わらずの波しぶき当たる海辺の家にて
    1年後には還暦だなぁ…の人生はつづく
    2018年初夏リニューアル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © ちひろ / Designed by Paroday