FC2ブログ

海 風 通 信

 
09
 
名作『動物のお医者さん』の中に、狂犬病予防接種の話があって、当時(約20年前?)犬を飼った事もなければ飼う予定もなかったけど、何だか面白そうだなーと思ってた。
07053769.jpg


なので、都合が合えば接種会場へ行く。

うららかな日曜日、徒歩5分程の会場は、カールの散歩(午前の第二部)にぴったりだしね。


病院も大好きだし、注射だろうが、何でも嬉しい。
もうウッキウキ!

49-1.jpg
「わーい、友達がいっぱいだぁー」

49-2.jpg
「いい天気なのに…空気がどんよりしてる」

49-3.jpg
「何だー注射か~、次はオイラの番だー」

49-4.jpg
「全然ヘイキだからぁ」
「…チッ、ウザイ奴だな、それどころじゃねえんだよっ」

普段番犬として強面そうなワンコが、悲鳴を上げたり、押さえる飼い主によじ登ったり、もう可愛いったらない(ゴメンね)。


カールは首だけど(注射はいつも笑顔で気付かないうちに終了)、嫌がるワンコは尻に打たれる。
『動物のお医者さん』に書いてあったとおり。
首の方が痛くないけど、暴れるコは危険なので尻にするらしい。尻は痛いので次回もまた嫌がる悪循環。


日本には狂犬病の発生がないので、予防接種の不要論も聞くけれど、他の国にはまだ存在しているわけで。
珍しい犬種などが輸入されたりして、発生しないとは限らないと思う。
そこらへんの事が『MF動物病院日誌』というコミックスに描いてあった(既刊24巻の23巻だったかな?)。で、その恐ろしさが解った。


07152817.jpg

ちなみに『MF動物病院日誌』、前半は恋愛話なんかも多くて面白くなかったけど、途中からは最近のペット事情や医療が中心で勉強になる。もちろんマンガなので、フィクションだけど。

動物漫画(特に犬もの)にはちょっと詳しい。ここ数年はレンタル漫画で読破したからね。
スポンサーサイト



プロフィール

ちひろ

  • Author:ちひろ
  • チョコラブ・カール
    2017年1月、15歳で犬生を閉じる

    相変わらずの波しぶき当たる海辺の家にて
    1年後には還暦だなぁ…の人生はつづく
    2018年初夏リニューアル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © ちひろ / Designed by Paroday