FC2ブログ

海 風 通 信

 
20
 
夕食後、ソファの争奪戦後、双方妥協しつつ、くつろぐ男ふたり。
「カール、2階で寝るよ!」
「・・・・・」

oyaji0.jpg


「ほ~ら、ママもいなくなっちゃうよ!」
「・・・・・」
「ママ~、呼んでよ~」
(後片付けがあるし、まだ寝ないよ、アタシはよ!)

「2階でビスケット食べるか~?」

何とかカールと一緒に寝たいオヤジは、なだめすかしたり、怒ってみたり。

カールが渋々のろのろ動き、一緒に2階に行くと自分のフトンに入れる。

母とは反対側にカールを寝かせる。どこまでも挑戦的。
(せめてカールを真ん中にすれば・・・)
まあいい、カールはいずれ母の元へ来るのだ。

しかし・・・
母のフトンに潜り込むカールを強引に引きずりだして、自分のフトンに入れる。
あるいは、ビスケット入れ(枕元のオヤジ専用)を鳴らしてカールを引き付ける。


鳴らして呼んでおいて、あげないのは、凄く可哀想!
オヤジの愛情って、自分の言う事を聞かせる事!。
愛してるなら、相手の気持ちを思い遣るもんじゃない?
カールの好きな場所で寝かせてあげれば?

ワタシは、カールが自分のフトンに来なくたって、カールが好きな所で寝ればいいと思うし。


非常にくだらない論争ではある・・・・
こうして思い起こしてみると、実にくだらない!・・・・
しかも、ほぼ毎晩・・・

オヤジはすぐに寝てしまうので、実はどうでもいいのだ。


そっと手を伸ばしてカールの肉球を握ろうとすると、それをはね返すオヤジ・・・。
間違えてオヤジの手を触ってしまった時、汚いもののように慌てて振り払う母・・・

ある馬鹿夫婦と犬のおはなし。

oyaji1.jpg

4年前のふたり
スポンサーサイト



プロフィール

ちひろ

  • Author:ちひろ
  • チョコラブ・カール
    2017年1月、15歳で犬生を閉じる

    相変わらずの波しぶき当たる海辺の家にて
    1年後には還暦だなぁ…の人生はつづく
    2018年初夏リニューアル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © ちひろ / Designed by Paroday