上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005
11
29

初冬の海

遠くに見えるのは、伊豆半島。

izuhantou.jpg



マザコンな影 kage.jpg

スポンサーサイト
2005
11
28

少し反省しよう

カールはだいぶ良くなったけれど、身体を捻って尻を舐めたり、後ろ足でボリボリ掻いたり、急に立ち上がった時に軽い悲鳴をあげるので、思いきって病院で聞いてみた。

現在の状態に、先生は“膝の前十字靱帯”を傷めたのではないかという。
様子を見ながら、激しい運動を避けて自然治癒を待ってみる事になった。

pool.jpg



“前十字靱帯”の損傷は、肥満・老齢以外にも、若くて運動量の多い大型犬に多いらしい。
ネットには“走っていて方向転換をしたとき、ジャンプして着地したときなどの膝にストレス・・・”とあった。

心当たりがアリアリ。オヤジは「お前が運動させすぎなんだ」と言う。
気分はノリノリでも、身体はついていってない事を、飼い主が注意しなければいけないのだよな・・・。

馬尾神経を傷めた時の事を先生に申告すると(同じ病院)「馬尾は元気すぎると傷める事が多い」と言われる。
おっしゃる通り。

外に出ると、カールはとにかく嬉しい。
「一日中散歩していたいんだよ~~」
umikumo1.jpg




そういうカール母もテニスやバイクで、両膝、手首、腕等を傷めておる・・・。
病院でお世話になるのは、整形外科や整骨ばかりなり・・・。
しかも完治しないうちに、走り出す。
年も年だし、お互い、いいかげんにしような。
2005
11
26

カール、秋の憂鬱

ここ数日カールの様子がおかしい。
飼い主もよく眠れぬ日が続いた。

最初は、夜中に寝場所を移動する度に、キャン、キュ~ンと言うので、足の点検をしたが解らない。

そのうち、外に行きたがるので(めったにない)“ゲリピーか?”と裸足に健康サンダルで家を飛び出すと、最初だけ少し足をひきずったが、どんどん散歩コースに引っ張って行く。

暗い、恐い、寒い、足冷たい痛い。
帰ろうよ~、といっても聞く耳持たず、延々歩いて普通のウ○チをし・・・?。
45分くらい歩いただろうか。夜明け前くらいかと思っていたが、午前2時頃だったのだ。これには、まいった!
朝も6時前にまた普通に1時間くらい散歩。普通ウ○チ。

翌日も夜はよく眠れないようだった。足か腰も時折痛むらしい。

そして、朝の公園で、またもやT君に襲われて、耳から流血・・・。

051125_1105~0002.jpg


日中も散歩以外は生気がなく、原因と対策を整理した。

● 秋、♀のシーズン中で気分が落ち着かない?
カールは淡白だけれど一応オトコ。今までは苦労なかったが、そんな事もあるかもしれない。

● 足は触ったり曲げ伸ばしでは、痛いところは発見できない。
素人判断だけど、また腰の馬尾神経の一部を傷めているかもしれない。これ以上悪くなるようなら病院へ。

● 耳の傷は案外深く、周囲が少し腫れていたのでイソジンで消毒。

usiro.jpg

色んな事が重なったので、異常行動の原因がつかめないけれど、もう少し様子を見ることにした。全てが徐々に良くなってることは確か。
2005
11
24

地震心得

友達が昨日見たとゆう、地震雲の画像を見せてくれた。

地震恐怖度No.1の地の住民は、日々怯えているので、いろんな友達が「今、変な雲が~」等のメールも来る。

今回も「また~?」と期待(?)してなかった。
しかし今回の情報は以前テレビで見たものにかなり近い。
散歩で会うオジサンが言うには、その2~3日前も見たという。

ワタシはその前日の散歩で、海上の重たい雲全体が一瞬光るのを見た。
雷かな?と思ったけど、そんな天候でもなかったし、1回だけ。


我が家の前は、まさに震源といわれる駿河湾。
“震源を見るのか?、盛り上がる津波を見るのか?”
カールと散歩中にそんな事をよく考える。

umi_sippo.jpg

生に執着はないけど、カールがいれば必死になるかもしれない。


もしも地震がおきたら“4分くらいで必ず津波が来る”と言われているので、高い場所に逃げなければならない。
しかし田舎なので、高い建物はない。指定の避難場所は走っても5分では着かない。

自宅近くなら、向いの5階建てのマンション。このさい耐震強度計算は気にしてられないよね。

『とにかくカールだけ連れて逃げる』
避難用リュックや貴重品等は考えるのよそう、と思ったら少し気が楽になった。
生き延びれば後は何とかなるよ。

カールが一人で留守番の時だったら・・・と想像するだけで、カールの不安な顔が目に浮かんで、泣きそうになる。

散歩中で、マンションまで走っても間に合わない場所だったら・・・。

「カールを背負って松の木に登るしかないな」
オヤジは気軽に言うけど・・・。
いや!、何とかする!。やるよアタシは!
2005
11
21

つぶやき

ボクは、しょせんビールのオマケのぬいぐるみですが、やっぱりヨダレまみれの人生なのかな。

omake1.jpg



ちょっと顔立ちが似ているカールさん?

苦しいので、手を離してほしいです。

omake2.jpg


今までは、ボクに無関心だったのに、お友達に見せびらかしてるらしいです。

omake3.jpg


お友達に渡すと“目がえぐられ、内臓が出て、手足もなくなる”ってウワサなので、苦しいけど、どうかこのまま無事にいたいものです。

カールさん、ボクを守ってくれてるの?・・・
2005
11
20

今日のサンポ

おはようございます。レポーターの H・カールです。renge1.jpg


今日は30分程のドライブで、蓮華寺池公園にやってきました。

池は周囲1.5kmの整備された散歩道があり、ハスや藤の花が見事なことでも有名です。
留意すべきは、朝早いのに人が沢山歩いていますし、ワンコよりノラ猫さんが多いことです。
ただ散策していただけなのに、知らないおじさんが「おいっ!猫が怖がってるじゃないか!」と言われ、オロオロしてしまいました。

ちょっとエッチなおねいさんもいました。
renge2.jpg


藤棚も立派です。renge3.jpg


H・オヤGが隣の広場から戻らないので(バイク部品のフリーマーケット)、 H・ちひろが2周もしてくれました。
2005
11
19

カール、くるま考

オヤジの奴、今度は外車なんだよ、ウヘヘ~(ボロっちいけどね)
オイラは4台目かな
c_unten.jpg


後ろに追いやられた


c_ikari.jpg


座席がなくて、前の背もたれが高いし、隙間がないよ

c_kaodasi.jpg


前に三人並んで座れるんだって

でもね、公園やスーパーの駐車場で、はみ出しちゃうんだよ

chevrolet.jpg

2005
11
18

キミの話が聞きたい

jhon.jpg

夕方に会うジョン君(Yラブ)は、すごいビビリだと思っていた。
犬が集まっている所には、半端じゃないくらいの後じざり。
犬にも人にもビクビク、絶対近付かない。逃げる。

初めて朝に会った時、何とカールにガウガウ攻撃してくる!。
まるで別犬。その後も朝は、すごく攻撃的なのだ。
飼い主さん「朝は元気なのですよ」。
・・・っていうかジキルとハイドだよ。

でも夕方会うと、引きつった顔で逃げる・・・。
あ~、すごく興味が湧くなあ。
「だいたい何時頃に犬格がかわるのですか?。お昼頃?」
飼い主さんにも解らないらしい・・・。
(画像は夕方バージョン。ビビリまくってるのでブレブレだよ…)



koro.jpg

コロちゃんは、おんぶが大好き。
かなり前の事、地元テレビに撮影されているところに、カールが乱入して、ちゃっかり一緒に映ったことがあった。(その日初めて会ったのだが)

しばらくすると、脱毛やゲリに見舞われたらしい。病院では悪い所がないのでストレスでは?と診断された。

コロちゃんは周囲の人から「テレビ見たよ~。“おんぶ”可愛いね」と言われるうちに、逃げたり隠れたりするようになってしまった。
飼い主さんの話では、“おんぶ”は恥ずかしいのだ、という事を自覚しているらしい。
今も“おんぶ”は大好き。人の目を盗んで、せがむらしい。
(“おんぶ”を撮らせてもらおうと思ったけど、やめました…)
2005
11
17

カールのわびさび

日が暮れるのが早くなったよね・・・。


umiusiro.jpg


それに何だか肌寒いしね。
もう子供じゃないんだし、水遊びもねえ・・・。


大きな赤い月が出たよ。獅子座流星群も見れるかな
tuki.jpg


なんちって~
akknbe.jpg

2005
11
15

じゃあ!

今年もトナカイでいきますか?

xmas1.jpg


ちっが~う!
酔っぱらいで重い人、乗ってるしぃ~~

砂浜や野原や公園じゃなくて、空を走ってみたいだけなのに・・・
2005
11
14

仕事ってたいへん

prex.jpg
 まだ準備中だってば!
   ・・・オイラ、トナカイ役がいいな


prex2.jpg
 ふ~~~・・・・
2005
11
13

ねえカール…友達なの?

週末に行く公園にて ーいつも会う友達だよー
hirono1.jpg


女子達はプロレスが好き。

カールは突き飛ばされ、怒られ、一人でボール遊びする。
(寂し気な尻穴・・・)

マリンmarin.jpg
アラレ&ミラクmirak.jpg
シエルsiere.jpg
キャスバルj.jpg



SALTY DOG CAFEにて ーいつも会う友達だよー
doyoubi.jpg
マム&メイ、胡桃、zip

やはりプロレス好きな女子達・・・。
カールは挨拶させて頂いたら、すぐに避難する事にしている。
2005
11
12

無事確保

暗くなった海岸で、子供に取り囲まれた、カメ? 
「カール君のママー、助けてー」
近所の子供達が捕獲してるのは、迷惑顔のイエローラブだよ。

昼頃に近所の人から、ラブが走り回ってるよ~、と電話を貰って、店にいたお客さんと捕獲に向かったが、自由を満喫していて捕まらなかった。
ホント無事でよかったな~

ウチから5分くらいの家の子だと目星はついたので(いつも家の前でよく吠えるMIX君と一緒に繋がれているので、近付いた事はない)、リードを取りに走ってから、子供達と一緒に帰しにいった。
♂だけど、カールに威嚇する事も、子供に反抗する事もない。愛想もないけど・・・。
たぶん相当疲れていたんだろう。

子供達は大はしゃぎ。皆リードを持ちたくて、6人ほどで綱引き状態。「オレが!」「アタシが~!」と揉めている。

そのうち年下の子二人が弾き出されて「じゃあカール君持たせて!」と言うが、カールの半分くらいの体重であろう。ケガでもしたら大変なので、ハラハラする。
ワタシも子供の頃、犬が飼えなかったので、リードを持つのが夢だったっけ・・・。


その家の人は探していたのかは解らない。すみません、とだけ言っていた。
犬が通りかかると激しく吠えてしまう2匹に、時折サッシを少し開けて、洗面器の水をかけていたお宅。
昔はラブだけで、鉄の檻に入っていたが、吠えて檻が揺れるほど恐かった。でも、MIX君が来て大人しくなっていたラブ。

いつも恐い顔してカールに吠えまくるMIX君が、キュ~ンク~ンといって迎えている。仲良しだったのか~。変な感動を覚えた。
2005
11
10

あの日にかえりたい

やっと“衣替え”をしていて、ふとカールを飼いだした頃のメモの存在を思い出した。

カールが家にきたのは、生後42日という早すぎる時期だった。

ペットショップの段ボール箱cibi0.jpg

健康診断に直行したので、その時のメモには2.6kgとある。
ちっちゃい~~

cibi2.jpg


ワンコ用品など整えた金額とか、病院代とかが、ほんのメモ程度にしか残されていなかった。


3ヶ月で約8kg、4ヶ月で約12kgだった・・・らしい。
4年前のちょうど今頃の季節の記録。
“明け方にウンチ処理をし、暗いがそのまま散歩に連れ出す…”
“今日もカールとぐーたら…”
長年の会社務めからの開放感が伝わるが・・・・

しかし半年頃にはメモもぷっつり終了。又働き出した時期と重なる。
9ヶ月頃にHPを始めるまでが空白。本当にガサツな飼い主。
もっと詳しく日記をつけておけばよかったな。

cibi1.jpg



一方、自分の体重メモも発見。今より10kgは少ない?!
「後で後悔するのじゃ、せめてその体重を保つのじゃ~」(何故この口調?)
あの頃のワタシに忠告したい~~と身悶えする。
2005
11
07

芸がない

静岡で毎年開催されている、大道芸ワールドカップ。
開催期間は、昼も夜も中心街の公園や辻々で世界各国の大道芸が繰り広げられる。

daido1.jpg


年々盛んになってきて、人垣で何も見れない。

熱心な人達は、プログラムをチェックして、時間前から陣取り、脚立を持ち歩く。

daido3.jpg


カールを連れて人垣の後ろにいると、「ワンワンだー」と、親子連れ等が集まってきてしまい、ちいさな円ができる。
カールは嬉しくて、大道でゴロゴロしてウケをとる。
すると「おっ、ここでも大道芸が?」と、さらに人垣が・・・。

daido2.jpg


「ただの犬ですから~~」と逃げ出すしかない。

10年くらい前は、ワインとフランスパンを飲み食いしながら、のんびりと散策気分で見て回れたのになあ。それこそ大道芸の真の姿ではないのか?、と思うのだけど。
2005
11
06

大きい

過去一番大きなお客様
アラスカンマラミュートのフーくん 45kg
寝そべるとお店のテラスの幅いっぱいだー(店が小っさい?)
嬉しくって、いっぱい触らせてもらったー。

arasuka2.jpg


カールは・・・挨拶したらガウられて、奥にひっこんでいました。
“強くて大きなものには逆らわない”がモットー
(小さくて弱いものにでも巻かれちゃえタイプ)
2005
11
04

ママはシャラポワ

かねてから“ラケットを使えばラクだよな~”とは思っていた。

忘れ物発見! bollboy2.jpg


新鮮な遊びと認識、いつもより張り切っております

husya1.jpg

husya.jpg


ちゃんとラケットの上に置いてくれるbollboy1.jpg

2005
11
03

間違い電話の謎

「あのね、胃の横の辺りが痛むんだけどね。それでね・・・」
電話を取ると、いきなり身体の不調を延々と話すおじいさん。

「こちらは○○病院ではありませんよ」

○○病院と間違える電話が以前から何度かあった。
老舗の大きい総合病院で、番号が似ているのかと思っていた。


通販で買い物しようと思ったら「同じ電話番号の人がいるので、あなたはダメです」というような事を言われ、調査を頼んだ。
その病院の看護士さんが勤務先として登録していたらしい。
全く同じ電話番号という事が判明した。

病院は既に番号を変えてあるようだけど、病状を訴える電話が時折ある。緊急ではないのが救い。


さて、携帯電話を持って1ヶ月。
初めて着信が鳴った時、ドキドキでとったら、やはり御老人の間違い電話・・・。着信はその1回のみ・・・。
まあ、お知らせしてないのだから当たり前かあ。(非常用だからね。Hオヤジでさえ聞いてもくれない)

そして、相変わらずメール送信は、空メールだったり、来たメールそのまま返信だったり、モタモタしてる最中に『何?』って追い打ちがき
たり・・・。
受け取った人達は、「“高齢者用かんたん携帯”でよかったんじゃない?」と思っているに違いない・・・

tyoi.jpg

カールが勝手に送信してるんだよね~
2005
11
02

え~?!

「お客さん来たら、教えてよ!」
とカールに声をかけてトイレに入る。

「ワン!」とひと声、チャカチャカとトイレの前にやって来た。
「お客さん?。ちょっと見て来てよっ!。イラッシャイマセって言って!」
しばし考えている様子。「早くっ、ちゃんと見て来て!」

チャカチャカと店の方へ行く足音。それから、そのまま2階を点検して戻って来た。
・・・2階にお客さんはいないと思うけど。


文字通り“見て来るだけ”なんだけど、何かあれば吠えるだろうし(嬉しくて…)、オヤジより役にたつかも。


カールに、ついつい普通に話し掛けている。
色々理解してくれるし、驚く程言う通りに動いてる事にびっくりしたりもする。
(つまり、言う事きかない時でも、絶対解っていて無視してると思う)


先日、2階でカールに「そこどいてよっ」などと言いながら、片付けもの等して、階段を降りようとしたが、荷物が持ちきれない・・・
『ちょっと、コレ持って』
さすがにカールも『えっ?え~~』って顔してたな。

nokke.jpg

皆が頭に色々のっけてるので、やってみた。
初心者なので、シャッター押すまで待つのがギリギリ。
新発売のCHOCOカール
2005
11
01

海辺の朝の音

sirasu.jpg


カール家前の海は“しらす”の漁場です。
となり町の漁港から決まった時間に船が一斉にスタート。
約30隻くらいが競争するように走り回る。これは結構壮観。
波打ち際から急に深くなっているので、すぐ近くを船が通る。

“しらす”の旬は初夏だけど、4月から12月くらいの7時頃から2~3時間、家にいてもエンジン音が響きます。家の前辺りで網を降ろす事も多く、ジャラジャラというくさりの音も混じってる。

東京にいる頃は“しらす”が生で食べられるとは思ってもいませんでした。同じく名物としては“桜えび”。これも5月頃は生が出回ります。(画像はまた旬の頃にでも)

今カール家がある場所も、数十年前はそんな漁師さん達の船揚げ場だったらしく、一角に船を引き上げる為の形跡が残ってます。

sirasu2.jpg

船を巻き上げるための機械があった場所。
今はちょっと邪魔もの。一部ゴミ集積所。

プロフィール

ちひろ

  • Author:ちひろ
  • チョコラブ・カール
    2001.8.16 生
    海辺の暮らしを満喫
    体育会系の二人組


月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。