2005
08
31

ニューフェース

フレンチブルを飼いはじめた、とお隣さんがご挨拶に来てくれたので(新しい家族って感じでよいねえ)、さっそく拝ませていただく。
3ヶ月で本当に愛くるしい~
pice.jpg

カールはいろんなワンコとの対面が平気だし、慣れているけど、ピースくんはどうかな?。とっても楽しみ。
でも・・・お隣さんが引越して来て1年ちょっと、カールと会ったのはたぶん2回。その時の様子から犬は苦手なのかと思っていた。
まあ、大きくて恐いのかもね。無理にとは言わないけど、カールとも仲良くしてくれるといいな。
スポンサーサイト
2005
08
29

好きな場所

朝イチで病院へ。皮膚炎が体中広がり、肉球の中もただれて、舐めたり足を引きずったりが可哀想。

とっても混んでいる。後からも続々来る。
狭いのと、ドアを入りたくないワンコで外にも数匹。

待ち合い室で、他の飼い主さんにクスクス笑われる。
目をキラキラさせて、何度も診察室を覗き込んでいるカール。
「病院が好きなんです・・・。」
皆さん一様にびっくりする。

病院でシッポをブンブン振ってる犬などいない。
普段なら威張ってそうなコもシッポを股の間に入れて、オドオド。
カールは上機嫌で挨拶しまくるが、相手はそれどころではないらしい。

ozawa1.jpg

「こんにちわ~。早く入れてくださーい」

ozawa2.jpg

「オイラの番はまだかな」
もしも~し、診察室に肩まで入ってますけど

ozawa3.jpg

「首についてるもの何?。いいなー、オイラもつけたい」
「ウッセーんだよ!」

今日は診察台にも上がらず、あっと言う間に終了。飲み薬のみ。
何度も言うようだが、カールは過去に大病で1週間の入院経験もある。
オヤツをくれたりする病院もあるが、カールは必要なしと思われ貰えない。

薬局で“610(むとう)ハップ”を買って、薬湯を試してみることにした。
2005
08
28

楽しそう

今日は浜でビーチバレーの大会があった。もちろん素人の。
3年目くらいで、年々盛況になってきた様子。
もうちょっと若ければ(ちょっと~?!)、ってゆうか、実はすごくやりたい。

vare2.jpg

この浜の中央でいつも人々があつまる場所。
犬も集まる場所。

ここで裸足で走り、回転レシーブをする勇気を讃えたい。
放置モノや、埋めただけのモノが、とても多いんだよ。

vare.jpg

「オイラも入れとくれえ~」と近付いて、試合を中断させちゃった。
2005
08
27

もう!

コ-ギーちゃん(♀)がカールの横腹に噛み付いてきたんだけど、まあ、怪我はないようだ。

向こうはノーリードで離れないので、少し大げさだけど「タスケテ~~」と叫んでしまったよ。
飼い主さんの男性は犬を叱っていたが、謝りの言葉も、カールの様子を聞く事も一切なかった。…ので、ワタシも無言で立ち去った。


何ごとも後で“言っておけばよかった”と思う性格。
とっさに言葉が思い付かない。もしくは“どうしようかな~”と思っているうちに物事は進行。
後になると、すごくスラスラ言いたいことが湧き出てくるんだけどな。タイミングを逸しているので、今さら、と思う。
ダンナからムカッとくる事を言われた時に、これは損だ。


コ-ギーちゃんは、ジリジリと寄ってきた時、毛が立つでもなく、身体がだんだんプルプル震えてきた。パワーをみなぎらせてる感じ。そんなの初めて間近で見たな~。
「後で何かあったら困るので連絡先を教えて」とか「こういう犬をノーリードにするのは止めて」とか、言いたかったかも、と思うけど、それもこれも、一言の謝罪の言葉さえあれば、何とも思わなかったと思うよ。
2005
08
25

台風情報

今、午後10時20分、海の様子を見てきました。
暗い海に白い波が巨人のように見えました。
ちょうど海向こうの伊豆半島の先っぽにいるらしい。

夕方の散歩は早めに出発したものの(普通は行かない?)、風雨激しく、波高し。それでも浜を歩いていたら、プールのガードマンさんに注意されてしまった・・・。
これしきで怯んでいたら、カールの飼い主は勤まりません。
しかし長靴の中も浸水し、憂鬱度120%になったところで「今日はもう勘弁してください」とカールに詫びをいれました。

rousoku.jpg

10時頃パソコン画面がブツっと消え、停電です。
以前にカールパパが作成した“SALTY SOG CAFEロゴ入りろうそく”を準備したところで復旧しました。

我が家は思ったよりひどくなく済みましたが、これから関東や東北方面の方は大変な状況でしょうか。進路にあたる皆さんは充分気を付けて下さい。
2005
08
25

焼肉と青首大根

帰宅したダンナが焼肉に誘ってくれた。
夏のアルバイト“花火師”の報酬を得たらしい。
こういう時は、例え食事の支度が出来ていようが、さっさとラップをかけて、冷蔵庫にしまう。
誘った方が金を出すシステムである事、その時の気分で動くダンナに「じゃあ明日にしようよ~」と言う事が、無につながる事が主な理由である。

新しくできた焼肉チェーン店はイマイチだったが、酔った(ダンナのみ)勢いで、隣の大型ゲーセンになだれ込む。
めったに行かないし、久しぶりなので、眺めているだけのワタクシ。
ダンナはクレーンゲームコーナーで、目を光らせた。
まずスターウォーズのライトセーバー付きミニタオルをゲット。
さすが“クレーン玉掛け業務従事者”。(何じゃ、それー?と聞いたら、昔でいうと浅間山荘を壊してたやつだ、と。“花火師”とか“大型けん引”とか、他にも様々な免許を持つ変な人)
でもさあ、“これが欲しい”というのではなく、今にも取れそうな物だけ狙うので、不要だよね、ライトセーバー・・・・。

daikon.jpg


しかし、今夜は“あおくび大根”がワタクシを引き付けた。
頼んでも全く無理な位置なら無視されるが、これはイケるらしい。3回の挑戦でゲット。
「只今あおくび大根・大をゲットォ!おめでとー」とアナウンスされたので、あおくび大根・大を振り回しながら退場(誰も見ていない)。

全くいらないよ!“あおくび大根”・・・。

daikon1.jpg
  納得がいかない、留守番カール。
肉、食ってきたでしょ!
2005
08
23

ウォータードッグズ・練習会

去年はほとんど行かなかったのに、今年は友達に連れていってもらってる川遊び。
平日だけど、釣り人やキャンプの人が多くて、どんどん上流へ。

warasina3.jpg


水遊びにもワンコによって個性がある。
『カール』はひたすらオモチャやボールのレトリーブ。海での自主練の成果でスピードもあるが、尻尾が太いせいか、ターンやコース取りに長けている。
水際で横取りして、水から上がってガジガジするのが好きな黄ラブ『マム』。泳ぎにターボがかかった時は、肩や上腕が水面から出て、足がついてないのに、飛び跳ねてる。
ゴルの『パセリ』は、レトリーブはそれほど熱心でもなく、無表情で泳いだり、水につかっていて、上がらない。水中で岩につかまって急流に耐えているのはいいが、歯がガチガチいってるよ・・・。

warasina2.jpg


カールを休ませるには、終了・帰還しかない。
ちょうど夕立ちが来たので、今日は1時間ほどで撤収。
2005
08
21

ウォータードッグズ・2005

kawa1.jpg


今日は川遊び。
こんな時、私には犬達の“キャー”“ウァ-”という嬉しそうな嬌声が聞こえる。

kawa2.jpg


上流に投げたボールを取り合いながら流れて行く。
誰かがキャッチすると、一斉にクリッと方向を変え、飼い主達の方へ流れに逆らって泳ぎ出す。
シンクロナイズドスイミング犬世界大会を見るようだわ。
水面から顔の出具合、角度、顔つき、芸術点・・・。10点!10点!10点!

kawa3.jpg


楽しいのは解るけど、目がイッちゃってて恐いし・・・。
2005
08
18

試行錯誤

世で流行のブログなるものを開始してみました・・・。
さて、どうなる?
過去3年分をボチボチ移していこうとも思います。
記録を振り返るのに楽ですもんね。
カール4歳記念は練習台
2005
08
16

4歳記念

カールのお出かけキーワード 
“車中往復不眠不休”“遊びは全力”“帰宅後も全力”。 
4歳となっても変化なし。 
 
朝霧のドッグラン行きは、これもいつもの事だが前夜に決まった。 
いつも通り6時頃に30分程(通常約60分)散歩。しかし、通り雨でズブ濡れ。 
7時半頃、カールパパが起きてきたので出発した。 

birth2.jpg


カールは運転席と助手席の間で仁王立ちしているが、飼い主達の「今日から4歳なんだから!フセ」とか「4歳なんだから後ろへ行きなさいっ!」などという怒号が飛び交う。そして「さすが!4歳!」とおだてる。 
カールは本当は理解しているので「あれ~?」と言うだけで下がるのだが、斜線変更やコーナリングの度に鼻息荒く立ち上がってしまう。信号待ちなどの停車でも文句があるらしい。 
(車では犬はゲージに入れる事が望ましいですね) 

birth6.jpg



9時過ぎからドッグランで前夜から宿泊の友達zipちゃんや、色々なワンコと楽しく遊んだ。 
いつもの事だが、カールはとにかく休まないし、全力で走り、全力で水遊びする。 
普通のワンコは、自分で疲れを判断してボールを追うのに力を抜いたり、休むものらしい。しかも日陰を選んで・・・。という事が最近になって解ってきた。カールは頭が悪いのかもしれない? 

 taki.jpg


その後、近くの『陣馬の滝』へ。 
小さな滝壷だけれど、とても綺麗だ。家族連れなどが結構いたが、冷たいせいか、中に入っている人はいない。ひっそり遊ばせるつもりが、カールはボールを投げる事を要求し、小さな川も走り回る。 
その目は、もうイッちゃってるのだ・・・。人間の子供が唇が紫になっても遊び続けるのに似ている。 
 
帰路ももちろん、家に帰っても寝ない。それどころか外に出たがるので、トイレかと思ったら、玄関前のボールをくわえて嬉しそうに走り出す・・・。炎天下の午後3時、近所を1周。 
 
その後も寝る気配なく夕方、用事ついでに友達のいる河原の広場へ。 
大好きなオスカーの飼い主さんにボールで遊んでもらい、全力で駆け巡る。もう舌は最大限に出てるし、目は真っ赤だけど、水の用意がない。するとカールが川に向かって疾走。しかし大きな河川敷なので、水がある所は見えないくらい遠いのだ。全速力で戻ってきた・・・。 
本犬は気付いてないが、疲れ過ぎでヤバいのではないか?。さすがに強制収容して帰宅。 
ウ○チも忘れて遊びに夢中になってしまうので、帰り途中で二人は車から降ろされる。家まで最後の散歩するのもいつもと同様・・・。 
 
カールが就寝したのは9時過ぎ。 
 
おでかけの日は「この犬はヘンだよ」と何度もつぶやくが、今日は過去最高かな・・・。 
毎度同じような内容だけれど、来年との比較の為、書き残す。 
この体力・気力が失われる日は、いったい何歳なのだろう。 
きっと寂しいだろうなぁ
2005
08
14

復活

カールの体調は何とか通常に戻ったようだ。 
大腸炎の徴候があったウ○チもほぼ普通に(以前一度罹った)。 
しかし、往来で犬のウ○チに顔を近付け、ブツブツ言ったり、犬に話しかけたりするのって、変だけど愛犬家特有の姿だよなー(えっ?違う?あまり見かけないか…)。 
 
夏バテ気味のところへ、ガムかジャーキーで消化不良に陥ったのかもしれない。しかし、身体の湿疹は薬を飲み終わった頃からまた酷くなってきた。 
早く暑い夏が終わるといいな~、散歩の度に汗だくの飼い主は痛切に願う。
chihiro_739735428638843a.jpg

2005
08
13

遠いところから


大阪の親戚犬ラック君が、朝霧にキャンプに行く途中に立ち寄ってくれた。 
カールより6ヶ月ほど年上だけれど、とても落ち着いていてお利口さんだ。二人とも白髪が早いのは“血”なのか? 
 
chihiro_739735428440670a.jpg

カールは、初対面のラックがとても気に入ったようでクンクンとつきまとっていたが、しつこくして怒られ、シュンとしていた。 
今度は海かドッグランで一緒に思いきり弾けようね。
2005
08
12

カール、夏バテか?

chihiro_739735428242497a.jpg

火曜日にテニスと買い物から帰ると家の中に大量のゲリピー。 
こんな事は初めてだった。 
夜になっても吐いたり、外へ出て2~3回ゲリピー。 
 
ポカリを薄めたものは飲もうとしないし、夜間診療の病院をメモして就寝した。 
翌日は、散歩は出たが、とにかく元気がなく1日寝ていた。食欲はあるので、フードは手で1粒ずつ少量与えた。 
そうしていると、3年前のカールの病の時を思い出す。 
 
その時は下痢・嘔吐、元気・食欲なしがあっと言う間で、その時には手後れだったのだ。病院で覚悟して下さい、と言われた時の気持ちを思い出すだけで涙が出た。 
ワンコが子供の頃はちょっとした事で病院へ行く。でも、だんだん慣れて来て、ちょっとやそっとでは行かなくなる。 
 
しかし、あれこれ悩んでいるうちに、木曜日からすっかり元気になった。 
月曜日の夜、レストランで変に大人しかったのは、もう体調が悪かったのだろう。 
 
調子にのって、今日から食事やオヤツ、海水浴も解禁。すると、3回もしたうえ、かなりのゲリピーだ。ダメ飼い主だな~・・・。 
今回は結構ひどいのかもしれない。たぶん大腸炎だと思うのだが、今夜は手で1粒ずつ半量。カールはひとしきり文句を言っていたが、やはり腹具合が悪いのか、丸くなってフテ寝した。

2005
08
09

続・困ったオヤジ

レストランから帰ると「今日の事、もう日記かブログにUPされてるんじゃない?」と一緒に行った友達のサイトの確認を迫るダンナ。 
翌日も何度も聞いた挙げ句「たいした活躍ではなかったかな~?」と言う。 
「ネタ的にはいいけど、悪いと思うんじゃない?。それに善かれ悪しかれ他店の宣伝になってしまうし」 
友達がそこまで考えたかどうかは知らないが、そう言って納得させる。 
 
「えっ?、いいの?訳わからん蛮行を全世界に公にして!。ワタシだって書きたいけど遠慮してるんだよ(みっともないし)。」 
ヒゲオヤジの顛末を書くには、店の事も書きたくなってしまうし…。 
 
店の批判になってしまうのも申し訳ない、配偶者としての恥、諸々の葛藤の末(そんなにたいした事か?)、3日目にUPを決意したのでした。
2005
08
08

今日はちょっと長いけど

先月オープンした犬連れOKというレストランへ夕餉に行ってみた。 
我が家から車で15分くらい。ラブ飼いの友達2人、珍しくヒゲオヤジも参加。 
その店のオープン前にちょっと関わった人がいて、聞く所によると、犬連れOKといっても、ランチタイムはダメだし、15kg以内の制限がある。さらに犬はフセていなければならず、イスに乗せたり、ダッコも許可がいるらしい。酷く吠えたら外に繋ぐよう指示されるとか・・・。 
オーナーをはじめ、店長、スタッフも犬を飼ったこともないらしいのだが(真偽は定かではないけど)。 
 
“ラブがダメとは知らずに来た飼い主”という設定で臨んだが(その為にヒゲオヤジはヤクザっぽさ演出)、店頭に注意書きのようなものもなかったので、ヒト4・ラブ3で乱入。 
店が空いていたせいか、すんなり入れた。ヒゲオヤジ肩すかし。 
 
店内は暗めで、赤と黒を基調としたアダルトな雰囲気。赤いビニールレザー風ソファや、シャンデリアもある。かなり凝ったデザインらしい。 
犬OKの席はエリアが別れている(壁がある訳ではないが)。 
女性3人はパスタ、オヤジは肉料理を注文。 
 
さて、ここでラブ達、特にカールがどんな活躍を見せるかが注目されたが、いたって大人しくフセしているだけ。ちょっとつまらない。 
メニューの裏にはいろいろと注意書きがあった。もちろん15kg以内という事も。粗そうをしたら飼い主が後始末とか、毛の処置(たぶんブラシ)をして入店もしくは服を着せよう、とか・・・。 
 
このペットブームの御時世では、しつけの行き届いたワンコだけではないと思う。 
犬散歩では有名な大きな公園近く。近隣はちょっとハイソな住宅街。店のロゴはイタリアングレーハウンド・・・。愛犬家達は、口コミで集まるだろう。わざわざ店まで行ったのに、大型犬は断られるのだろうか?。確かに小型犬だけ、というDOG CAFEやペンションもあるけど、大型犬飼いとしては“ぶ~~”という気分にもなる。 
(ワンコOKにしたのは、近くには老舗や有名レストランが多いので差別化の為という話を小耳にはさんだ。) 
 
カールのCAFEは、かなり無頓着に過ぎる、と言える・・・。 
DOG CAFEは実はイヌはそれほど楽しい訳ではなく、飼い主CAFEとした方が適当か?。確かに大変な事もあって、飼い主さんにあれこれ言いたいのは理解できる。でも、犬OKというからには、犬や飼い主さんにあまり煩い事言いたくないし、言われたくないものでは? と思ってきた。 
 
 
さてさて、犬はお利口だし、全員喫煙者で、その旨言ったのになぜか禁煙席だったけど、パスタも食った。しかし、ここから暴れ出したのがヒゲオヤジだっ。 
 
ダンナが自分の皿を無言で見せる。と、真っ白な皿に緑鮮やかなアオ○シが付け合わせの生野菜の下を元気よく歩いている。どうも一匹くらい食べたようだ、とも言う。「ひゃ~っ!?」と思ったが、騒ぐのは大人気ない。友達にも言わず、静かに店の人を呼んで、すぐに作り直して貰う事になった。 
それでいいじゃん?と思ったワタシの意志に反し、皿を持って来たシェフ(?キャップ姿の若者)を静かに外に連れ出して、説教をしているらしい。覗いて見たら、若者が野菜を地面から拾っている・・・。後で聞くと、態度が悪かったので(?)、差し出された皿を払ったらしい。 
あ~、困ったオヤジ。 
オヤジは、食べ物にムシや毛が入っていても平気な方だ。ちょっとだけ海外を放浪していた時に“アオミドロの浮いた水だって飲んだ”とむしろ自慢。サービス業として許せないのと、その後の態度がポイントのようだ。 
 
ヒゲオヤジにも店についての事前情報を与えていた為、犬の事で何か言われた時に発揮するはずだった戦意が暴発したとしか思えない。怒るのも分からないではないが、ワタシは揉め事が嫌いなのだ。諸事穏やかに過ごしたいし、自分が我慢した方がまだいい。 
犬を連れ歩いて疲れる事って結構あるが、人間の方に精神が疲れるなんてさ! 
帰る時、平謝りの上、タダにしてくれた。 
「タダにして欲しくて言った訳じゃないんだ!何か悔しいなぁー」 
「オーガニックがウリのレストランだけに、あの元気なアオ○シが本当に有機野菜を使ってる証拠だね」 
 
ヒゲオヤジの今日の講評: 
“女房がひどい男だという目でオレを見るのが悲しい”

プロフィール

ちひろ

  • Author:ちひろ
  • チョコラブ・カール
    2001.8.16-2017.1.19
    海辺の暮らしを満喫
    体育会系の二人組

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索