海 風 通 信

 
24
 



昨日の“息子さんに”というのはまだいい。


その夜、ある顔なじみの店のレジ前にあった

“就学前の子供向けランドセル(B5サイズ)”というのを見てたら

「お孫さんにどうですか」

…確かに正しい。そういう年齢ですよ。


つまり、自分はまだまだ若く見えるとでも思っているのか?!

他人の目を気にしない事に誇りをもっていたはずでは?


ちょっと前には、ヨガ教室の講師が

一緒に参加している友人に「おかあさん?」と聞いた。

友達が青くなった。ワタシも気の利いた返しがとっさにできない。

…友人は7歳下、大変若く見えるタイプだが、

先生は彼女の年齢を知ってるらしいし。

う~ん、50歳位の子供がいる年齢に見えるのだな・・・


(そうだとしても、客商売のヒトが言ってはならぬ。のでは)


こんな事を意外に引きずっている自分にがっかりだ。


入院時に看護師さんが、オヤジの事を「息子さん?」と発言。

オヤジはむしろ、あの看護師は感覚がおかしい、と言った。

彼は自分の年上女房は若く見えると思い込んでいる、ちょっといいヤツ。


自分が思う以上に、歳はちゃんと刻まれてる。

化粧もせず、日焼け止めも適当。

汗はゴシゴシ拭きたい、顔はジャブジャブ洗いたい、

気を遣うのも面倒、それじゃ当然のこと。


「孫にもバアバと呼ばせない」とか

歳を聞かれて「いくつに見える~?」とか言うのは

アホちゃうか、もう歳相応でいいじゃん!と思ってきた。


今は冷静だけど、今後ちょっとボケて、自覚がなくなるのは怖いので、

ちゃんと指摘してくれるよう、各方面に頼んでいる。


無暗に化粧が濃かったり、異様な若作りだったり

みんなヒトの様子には敏感だよね。

一方で若々しさが似合う素敵なヒトも居るしなぁ。



快適ならいい、自分の事なんてヒトは見てないしね、

で、ただのガサツなおばあさんになってしまったので、

あるがままを受け入れて生きていきます・・・



スポンサーサイト
 
23
 

雨でびしょ濡れテニス後のシャワー中、突然の停電。

湯はガスだけど、ソレを動かすパネルは電気なんだね…

裸で見上げるブレーカーは平常っぽい。雷もない。


500mほどの友人に電話すると、そこは平気だが、

信号が消えて警察が出ていたとの事。

まあ、ウチだけじゃないので待つしかないが、

冷凍庫の中身を思ったり、暗いし、

電気がないとこうも何もできないのか。


1時間弱で復活したが、折しも災害が多い今日この頃、

停電くらいで凹んでどうする!

…そして、ガラケーはやっぱり心もとないな。



午後、ピンポンがなって、ハイハイと出てみると、

「先日お宅の息子さんに冊子をお渡ししまして」

70代とおぼしき女性、たぶん宗教関係の・・・

勧誘?冊子ってお金いるんだよね?

どちらにしても「ウチに息子はおりません」

「いや、お宅の前でたしかに」

「ワタシに子供はないのです!」

これは、オレオレ詐欺の変形というか何というか、

手口なのか間違いなのか知らんけど、笑えました。


お帰り頂いてから、一応オヤジに電話で確認。

「もしや知らないヒトから冊子等、受け取ったりしたか?」


…まあいくら年上妻でもそれはないだろう。


 
17
 


身体の衰えを実感したら、意地を張っていても仕方がない


まずは、20年愛用してきたスクーターを諦める事にした。

大きくて重くて、走行中は安定感抜群だが、

スタンドを立てる体力もなく、よろけたら支えきれない。


きいろ18061750ccとは思えない重量感だが、どこへ行っても目立つカラーリング



地方では、車がない生活はなかなか大変

より小回りがきき、通勤の燃料節約にもスクーターがよかった。


今度は艶消しブラックのシブいやつ

なんだかオモチャみたいに感じる



kuro180617.jpg ヘルメットの新調も20年ぶりのオヤジプロデュース・製作



空軍風のモデルに艶消しベージュ塗装

ヘリ機種名「CH-1」に架空のパイロット名をHERO

・・・CHIHIROとなる


やるじゃんオヤジ!


左側に朝日(要注意)後ろには中指たてた悪顔ミッキーも。

あおり運転されたり、からまれたりしないだろうか。


こんなの被るオバサン…諦めてないな



 
16
 

6月から事務のパートへ

昨今、人生100年、老後は長いのだ、というから、

迷惑をかけずに動けるうちは頭の劣化と闘わねばなるまい。


人工股関節手術3ヵ月後のゴールデンウィークから

テニスとヨガを再開。もちろん完全復活とはいかない。


へんに自信があった気がする。

仕事にしても、スポーツにしても、

人よりやれる、頑張れる、と。


ume180616.jpg   部屋いっぱいに梅の香



最近身に染みた。・・・下り坂である。


若いころのようなワケにはいかないのだ、

と自覚したところから、ちょっと謙虚に、

でも、もう少しやってみようと思う。



 
06
 
1月末に手術して2月23日に退院した。


退院は嬉しい反面、憂鬱もある。


6年前は2週間の入院中、犬がいるというのに掃除機を一度もかけず平気な顔をしていたオヤジ。


入院前日まで、帰る日の為に、傷む身体を酷使し、
風呂場やトイレ、コンロや冷蔵庫まで大掃除をしておいた。

今回カールは待っていない。

そして、リビングキッチンのソファベッドで4週間、ワンルーム生活をしていたオヤジ・・・

“カレー臭”

“加齢臭”の変換ミスではない。もちろんソレとタバコ臭も相まっている。

何がビックリしたって、流しの排水口網から何やらカイワレ大根風の芽が!

不運な事に、入院してすぐ、レースのキャンプの為にカレーを制作したらしい。
さらに不幸な事は、少し前から本格的インドカレーにはまっており(手作りタンドール窯でナンもやる)、
香辛料や材料がキッチン中に並べられている・・・

それ以外は主に揚げ物&唐揚げ弁当
掃除機かけないどころか、寒いからと換気もろくにせず。


流した玉ねぎ他を栄養にし、何らかの香辛料が発芽したのだね(シクシク;O;)

退院したばかりの不自由な身で、キッチン〇イターやクイックル〇イパーを使う悲しみよ・・・


病院には毎日のように顔を見せたオヤジだが、洗濯をしてくれる訳でもなく・・・
ミネラルウォーターやコーヒー、頼んだ本を買ってくれたり、・・・
“気持ち”だけは使ったようなのでよしとする




4輪  現在のマイカー

入院中にヒゲオヤジが知り合いから貰ってきた。
普通の自転車も車も乗れない訳ではない。
当面、転倒はご法度なので、足と尻に筋肉を付けるトレーニングがてら乗っている。




プロフィール

ちひろ

  • Author:ちひろ
  • チョコラブ・カール
    2017年1月、15歳で犬生を閉じる

    相変わらずの波しぶき当たる海辺の家にて
    1年後には還暦だなぁ…の人生はつづく
    2018年初夏リニューアル

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Copyright © ちひろ / Designed by Paroday